最近、なんだか疲れがたまってませんか?鉄分はとても大切なミネラルのひとつにも関わらず、世界の30%(約20億人)が不足傾向にあり、貧血症持ちなのだとか。

とくに、女性は生理もあるので、やや多めに鉄分を摂取する必要があります。

鉄分は、酸素を運ぶタンパク質、ヘモグロビンを作り出す役割があります。生きていく上で必要不可欠なミネラルです。それに加え、酵素機能や細胞を行き来する電子を伝達する役割も果たしているそう。

前述したように、女性は毎月生理により血液を失うため、男性より多くの鉄分を摂取する必要があります。1日の目安は大体18gほどです。

ここでは、ライターのLaura Caseleyさんが「Little Things」に書いた、鉄分不足が引き起こす9つの症状をチェックしてみましょう。

01.
ちゃんと寝ているのに
疲れがとれない

体や脳に十分の酸素が行き渡っていないと、全身に「だるさ」が広がると言われています。とくにストレスもなく、しっかり睡眠もとっているはずなのに疲れがとれないようであれば、それは鉄分が足りていないサインかもしれません。

02.
すぐに息切れしてしまう

鉄分が足りていないと、疲れが出やすくなるとか。たとえば、階段の上がり下がりや、重いものを運んだあと、そしてちょっと散歩に出かけたあとなど。息切れが気になったら鉄分不足も考えられるそうです。

03.
顔が青白い

ヘモグロビンに酸素が行き渡ると、顔や体に赤みとして現れ、血色が良くなります。一方で鉄分が不足すると、血色が悪く見えてしまいます。唇の裏側、そして瞼の下の血色が悪くなっているようであれば、一度病院で診てもらいましょう。

04.
爪がすぐ欠ける
くぼんでいる

酸素を必要としているのは、爪も一緒。爪がすぐ折れて欠けてしまったり、またはくぼんでいるようであれば、鉄分が足りていない証拠かも。

05.
やけに髪が抜け落ちる

髪だって酸素を必要としています。しっかり行き届いていないと、髪はもろくなり、抜けやすくなってしまうようです。体の他の部分に酸素を送るために、髪を犠牲にする、そうすることで酸素を送り届けなければいけない部位をひとつ取り除いているとか。

06.
なんだか頭痛がつらい

脳に十分酸素が送り込まれていないと、脳内の動脈が膨張し、頭痛を引き起こす結果に繋がるとも言われています。疲労に加えて頭痛もなんて、最悪の組み合わせになってしまいます。

07.
冷え性に
悩まされる

ヘモグロビンが血液と酸素を体の中で動かしてくれることにより、体はあたたかくなるそうです。さらに、鉄分は甲状腺機能に大事な役割を果たしているとか。これが機能することにより、人間の体温が正常に保たれているようです。

つまり、鉄分が足りていないと、寒くない場所にいても冷えを感じてしまうなんて言われています。

08.
脚がピクピクする

脚がピクピクして夜眠れない!なんてこと、ありませんか?これも鉄分不足の仕業かもしれません。脳内にある、鉄分を吸収する受容器官がしっかりと活動していないため、誤ってドーパミンを放出し、脚をピクピク動かしている可能性があるそうです。

09.
うつの症状

2013年には、貧血症状がうつのような症状を引き起こすという研究結果も発表されているよう。小さなことでイライラしたり、食欲不振や躁うつの症状にも影響する可能性があるのだとか。

平均の鉄分摂取量を
生活に取り入れるには?

鉄分が豊富なのは、葉っぱのある緑のお野菜、赤身のお肉、お豆、牡蠣、そして物によってはシリアルも。栄養成分をチェックして取り入れてみましょう。

さらに、ビタミンCは鉄分の吸収を助けてくれるのでオススメです。しかし、過度に鉄分を摂取するのも体に毒となりえるので、もし自分に必要な摂取量がわからない場合は、医師に相談しましょう。

Licensed material used with permission by Little Things