写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NEC ネッツエスアイは10月17日、中小企業向けにさまざまなセキュリティ機能を簡単に導入・運用できる「NEC ネッツエスアイ ゼロコンフィグ UTM サービス」の販売を開始した。

新サービスは、ケーブルを差し込むだけでWAN構築が可能となる同社のネットワークソリューション「SASDAKE(さすだけ)」基盤を活用したもので、ユーザーはUTM(Unified Thereat Management:統合脅威管理)をインターネット環境に接続するだけでセキュリティ対策を開始することが可能。

UTMはテクノルのフルクラウド型統合脅威管理アプライアンス「MRB-100」を採用し、ゼロコンフィグ機能を新たに実装。MRB-100は、ウェブルートの脅威インテリジェンスサービス「BrightCloud Threat Intelligence(BCTI)」を利用することで未知の脅威にも対応できるという。

UTMの運用・監視からインシデントレポート送付までワンストップで提供し、運用・監視は、同社のネットワークトータルオペレーションセンター(nTOC)にあるネットワークオペレーションセンター(NOC)が担うことで、品質を確保したサポート体制で提供。同社がリモートで設定・運用・管理を行うため、情報セキュリティ担当者がいなくても容易にサイバーセキュリティ対策の導入が可能。

未知の脅威への対応については、「BrightCloud Threat Intelligence」が過去の攻撃パターンとの照合だけに頼らないシグネチャレス型であるため、新たな形で次々に出現する標的型攻撃やランサムウエアに対しても対応できる。

さらに、UTMおよび脅威インテリジェンスサービスにより、ファイアウォールや安置マルウェア、IPフィルタリングといったサイバーセキュリティ対策機能を提供する。

新サービスの価格は、UTM1台で11万円(税込み)、サービス利用料は月額7000円(同)。

(岩井 健太)