次に来るジャニーズHey! Say! JUMP・睫斃彩蕕里もてなしパワーがヤバイ☆

写真拡大

<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 Hey! Say! JUMPの快進撃が続いています。月9ドラマ『カインとアベル』主演の山田涼介さん、映画『金メダル男』主演の知念侑李さん、『めざましテレビ』パーソナリティの伊野尾慧さんなどなど、メンバーたちは続々と愛のインベードを仕掛けています。そんななか、次に魅力を爆発させるのは、誰なのでしょうか?

 私は、睫斃彩蕕気鵑任呂覆いと思います。

◆やる気なさげなマイペースさが逆に魅力

 睫擇気鵑蓮大阪府茨木市出身の26歳、Hey! Say! JUMPでは年長組のユニット“Hey! Say! BEST”に属しています。長身で、けだるくセクシーな雰囲気をまとい、なんともやる気なさげなオーラを隠そうともしない彼。

 JUMPのメンバーが職人の現場で労働体験をする番組『リトルトーキョーライフ』(テレビ東京)でも、そのマイペースっぷりは健在です。イメージアップにまたとない機会なのに、慣れない作業にグチをこぼし、うまくいかないとスタッフに当たる始末。ひと昔前ならいざ知らず、今はそういう姿もバンバン茶の間にさらされる風潮です。なのに、ゆるがないのはなぜなのか?

 おそらく、睫擇気鵑呂箸討眄議召平佑覆里世蹐Δ隼廚い泙后小ぎれいに立ち回れず、思わず本音が口をついてしまう――。そして、そんな自分を隠そうともしない、一種の潔(いさぎよ)さが見る者を安心させるのです。

◆子犬を拾う不良のやさしさ!

 先日、Hey! Say! JUMPのコンサート“Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.”に参戦したおり、幸運にも睫擇気鵑離汽ぅ鵐棔璽襪鬟殴奪箸靴泙靴拭

 サインボールですから、サインが入っていれば十分なのですが、睫擇気鵑離愁譴話寧な両面仕上げ。片面に“ゆうや”のサイン、そしてもう片面には“ありがと”のメッセージと、さらに笑顔マークのイラストが!!

 これは想像ですが、スタッフからボールを渡された睫擇気鵝▲汽ぅ鵑鯑れるも、なんとなく物足りなく思い、さらにペンを走らせたのではないかと思います。 “ありがと”、そして笑顔マークを書き込むとき、間違いなくファンへの感謝がその胸を満たしていたと推察します。

 JUMPのメンバーからも、「イメージと反して、おもてなし力がすごい」といった評価をされる睫擇気鵝もしかしたら、自分のためより“誰かのために”その力を発揮できるのかもしれません。

 はすっぱな不良と見られていた彼が、どしゃぶりの雨の中、捨てられた子犬を抱きしめる。そんな、一歩踏み込まねば見られない至上の優しさを秘めた人。それが、睫斃彩蕕気鵑覆里世隼廚い泙后

 シャイなおもてなし力は、世界を救う! 睫擇気鵝⊆,法藩茲襦匹里蓮△△覆燭里茲Δ糞いします。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>
【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』