国連の安全保障理事会は17日、北朝鮮が15日にムスダンとみられる中距離弾道ミサイルを発射したことを強く非難する報道機関向け声明を発表した。

米国が主導したとされる声明は、「北朝鮮の失敗に終わった弾道ミサイル発射を強く非難する」としながら、「重大な追加措置」を取ることで合意したと述べている。