北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は17日、安倍晋三首相が従軍慰安婦問題の日韓合意に含まれていない「おわびの手紙」を出すのは「毛頭考えていない」と発言したことについて、「過去の性奴隷犯罪に対して全く罪の意識を感じていない」と非難する論評を掲げた。朝鮮中央通信が伝えた。

論評はまた、被害者への謝罪と補償は「誰かとの合意に従って、してもしなくても済む性格の問題ではない」「謝罪もなく、罪の意識もない性奴隷問題の妥結を被害国の人民は願わない」などとして、日韓合意そのものを批判している。