(神韻芸術団フェイスブック)

写真拡大

 「熟能生巧」は、日本語の「習うより慣れよ」とはちょっと違ったニュアンスがあります。この格言の由来についてお話ししましょう。

 一千年ほど遡った北宋(紀元960-1127年) の時代、陳堯諮は百発百中の弓矢の達人として、もてはやされていました。自分でも世界一の射手であると自負していました。

 ある日、陳は人だかりを前に自分の技を披露していました。皆、彼の腕を褒め称えましたが、一人の油売りだけは特に感心もせず、冷めた様子で眺めていました。陳は不快に思い、「弓矢を射る道を知っているのか。なぜ私の矢を射る姿を見下すのか」ととがめました。

 油売りは答えました。「弓矢の技術はありませんが、特別なことには思えません。手を慣らすだけのことです」。そして、ひょうたんを一つ地面に置いて、四角い穴のあいた銭を一枚、ひょうたんの口にかぶせ、ひしゃくで油をすくい、ひょうたんに油を注ぎ始めました。銭には油が一滴たりともつくことはありませんでした。

 皆、感嘆の声をあげましたが、油売りは自慢することなく言いました。「たいしたことではありません。手が慣れているだけです」。これを聞き、陳は自分の傲慢さを恥入り、これまで以上に弓の練習に励みました。そして後に才能もあり徳も高い人物として名を残しました。

 「熟練が巧を生む」。鍛錬には、謙虚さが欠かせません。

(神韻芸術団フェイスブックより)