ディズニー実写版「美女と野獣」日本公開日決定 ファーストビジュアルも解禁(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

【ディズニー・美女と野獣/モデルプレス=10月18日】珠玉のミュージカル・ナンバーと共に、今なお世界中で愛されて続けているディズニー・アニメーション「美女と野獣」が実写映画化。アニメーション公開から25周年目という節目の年に、日本公開されることが決定した。

エマ・ワトソン、ディズニー実写版「美女と野獣」ヒロインに決定

公開日は、2017年4月21日。なお、全米公開は2017年3月17日となる。

◆ファーストビジュアルには“一輪の深紅のバラ”


さらに今回、公開日と合わせてファーストビジュアルも解禁。雪が舞う中、霜が降りたガラスケースに咲く美しい一輪の深紅のバラが印象的な1枚。

「白雪姫」には“真っ赤なリンゴ”、「シンデレラ」には“ガラスの靴”というように本作を象徴し、また物語の重要なアイテムとなるのがこの“一輪の深紅のバラ”。寒々しく儚さも感じられるこのビジュアル、このバラがどのようにストーリーに関わってくるのか、注目だ。

◆「美女と野獣」エマ・ワトソンで実写化


「白雪姫」から始まり「シンデレラ」や「眠れる森の美女」など今日に至るまで様々な“女性像”を題材にした物語を描き、観客に“あらゆる愛のあり方”を提示してきたディズニー。その代表作のひとつである「美女と野獣」は、アニメーション映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネートという快挙を成し遂げ、また作曲賞と歌曲賞を受賞し、ストーリー、音楽、芸術性と映画として高い評価を得ている。

また魅力のもう一つが、「白雪姫」などの初期の作品とは違い、主人公が近代的な女性として描かれている点。そのヒロイン像は根強い人気を誇っており、実写化の発表がされるとすぐに主人公・ベル役のキャスティングの動向に世界中の注目が集まった。

そして、演じるのは「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン。監督は、アカデミー賞を始め、数々の映画賞に輝くミュージカル「ドリームガールズ」や「シカゴ」を手掛けたビル・コンドンがつとめ、「美女と野獣」の世界観を新たに描き出す。(modelpress編集部)