財布の中には優待でもらった各種の割引券や金券がぎっしり。

写真拡大

中部地方のある都市に住むrikaさん(ハンドルネーム)は、投資歴10年以上の主婦投資家だ。彼女の財布の中には、さまざまな飲食店や店舗の割引券・金券などの優待券がぎっしり。「しょっちゅう使うものは、財布に入れておきます。映画館の招待券などは、ファイルしてかばんの中に。ホテルやゴルフ場の優待券などイベント時に使うものは、やはりファイルに整理して自宅で保管しています」。

保有する株式は250銘柄ほど。うち長期的に保有しているのは約7割(金額ベースで8割程度)で、残りは優待の権利を獲得したら、随時銘柄を入れ替える。「1年間にもらう優待は、全部で600点ぐらいでしょうか」。

rikaさんにとって、優待はまず「家計の助け」という位置づけだ。「身の回りで普段利用している商品やサービスのほとんどは、優待でカバーできます。たとえば、わが家では株を始めてから、お米を買わなくてもよくなりました。魚沼産のコシヒカリやおこめ券が、いろいろな企業の優待でもらえるので」。柿やブドウなどの各地の特産品、加工品、また日用品も毎月のように優待で届く。

トイレットペーパーは特種東海製紙(1年に96ロール)、夫や息子のワイシャツは山喜(200株保有で2500円分の自社商品券を年2回)、最近できた孫の子供服は西松屋チェーン(100株で1000円相当の商品券を年2回)の優待を活用する。

「スーツ販売のAOKIホールディングスは、20%引きの優待券を年10枚も送ってくれますし、他のクーポンとの併用も可能です。今住んでいる所は車社会なので、オートバックスセブンやイエローハットなどの、カー用品店の優待もありがたいですね」

さらに、趣味やレジャーにも優待をフル活用。映画やゴルフ、カラオケの利用券はすべて優待でゲット。家族旅行に行くときも、レンタカーやホテルは優待を利用する。

有名どころの外食チェーンの株も、ひと通り保有。

「居酒屋や回転寿司を展開するコロワイドという会社が、年4万円分も優待券を送ってくれるので一時期人気を集めましたが、株価が上がってしまって……。今はより少ない投資額で同じグループの優待券がもらえる、同社傘下のアトムのほうが買いやすいと思います」

rikaさんの銘柄選びの基準は、どんなものか。まず、自分のライフスタイルに合ったモノやサービスが得られること。家の近くに店舗があるなど、使い勝手も重要だ。「そのうえで、優待が年2回、配当もちゃんとある銘柄がベストですね。最低投資単位は、高くても20万円以下であることも目安にしています」。

投資先の会社の業績は見ない、と割り切っている。「あまりみなさんにはおすすめできないやり方ですが、素人は見てもわからないので……」。一方で、小さな単位でいろいろな業種の株を保有しているため、結果的に分散投資でリスク管理をしている格好だ。多くの個人投資家が深手を負った、あのリーマンショックも乗り越えた。「銀行の預金金利を超えればそれでいいという考えなので。配当と優待を合わせて、年3%以上の利回りになる銘柄を最近は選ぶようにしています」。

先日は息子さんの結婚式で、式場を優待で10万円割り引き。さらに広告制作会社の抽選優待に当選し、本格的プロモーションビデオを作成。新郎新婦の入場に使用して盛り上がった。

「息子のお嫁さんとも、エステにウナギにお買い物にと、優待デートを楽しんでいます」とrikaさん。家計はもちろん、家族にも嬉しい優待三昧生活ぶりである。

----------

rikaさん
主婦投資家。2002年から株式投資を開始。飲食から生活用品、遊びまで、優待を活用した生活をつづるブログ「毎日優待三昧」(http://d.hatena.ne.jp/yuutaizanmai/)が人気。

----------

(川口昌人=文)