面倒な家計管理や1円単位の節約はしていないのに、気がつけば貯金が増えている…。年間100万円以上貯めている人たちが、ムリなくお金を貯めている秘密は財布使いにあった!?

 節約上手に、財布選びと使い方のポイントを聞きました!

バッグ型財布なら家計が財布に集約できる!

 ブログ「ずぼら主婦ドットコム hanaのお金ブログ」が人気の、ブロガー・hanaさん。夫の月収は手取り20万円台ながら、年間100万円の貯金に成功しています。

 hanaさんが愛用しているのは、ストラップつきのバッグ型財布。じつは、以前は長財布を使っていましたが、こんなストレスがたまっていったそう。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=28094


「子どもがいると大荷物になりがちで、長財布はバッグの中ですぐ迷子になってしまい、レジでもサッとお会計することができませんでした。

 容量が大きいバッグ型の財布なら、必要なものがすべて入ってすぐに取り出せるし、現金も見やすいので予算も守れています」(hanaさん)

 ほかにも、バッグ型財布のメリットは、こんなにたくさんあるんです!

・財布の中をゾーニングできる

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=28096


 財布の中を3つのゾーンに分け、目的に合わせて収納場所をチョイスしています。ゾーン分けは、上から、1週間分の予算(現金)とクレジットカードを入れた「キャッシュ系ゾーン」、通帳や買い物メモ、税金の請求書を入れた「忘れちゃダメゾーン」、商品券や割引クーポン、ポイントカードを入れた「おトク系ゾーン」の3つ。

 場所を決めておくことで、たくさん入っていても、ひと目で内訳がわかります。

・使用頻度に合わせて位置を変えられる

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=28095


 専用ラウンジが使えるイオンの株主用オーナーズカード、サークルKサンクスで利用できる楽天ポイントカードは、よく使うので外ポケットに。財布をあけなくても取り出せて便利!

 どこになにがあるかを把握することで、お金の出入りがひと目でわかるようになり、ムリなく出費がセーブできます。財布との使い方を見直すだけで、貯め体質に生まれ変わるのも夢じゃありませんよ。

<撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>