男性が「この子、俺のこと好きなのかも」と女性の好意に気付く瞬間5選(photo by rodjulian/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】片思いの男性に好意を伝われば、彼があなたを意識してくれることにつながります。男性が好意に気付く瞬間を上手くキャッチできれば、一気に恋人関係まで持っていくことができるかもしれませんよ。というわけで、今回は男性が女子の好意に気づく瞬間5選をご紹介。さっそくチェックしていきましょう。

【他の記事を見る】「あの子絶対彼氏いない」と男性が一瞬で判断する女子の特徴5つ

♥連絡が多くなった時


「基本的に連絡が多くなったときは好意を抱いてくれてるなと思います。特に内容が別段どうでもいいようなことだった場合はビンゴかなと」(30歳/商社)

やっぱり電話やメール、LINEが多くなったときは恋のサインだと思う人が多いようですね。

やっぱり好きじゃない相手に頻繁に連絡をする女子はいないからというのがその理由なようです。

相手からの返信率を参考にしつつ、相手からの好意も感じられたなら一気に攻めてもみてもいいかもしれませんね。

♥些細なお礼なのに、手元に残るようなプレゼントをもらった時


「仕事上、勉強しなきゃいけないことのテキストを貸したら、そのお礼にネクタイを貰いました。普通はお菓子とかじゃないですか。ああ、好かれてるなって気づきましたね」(31歳/メーカー)

ちょっとしたお礼をする場合は大抵お菓子や飲料などの残らないものを差し上げる場合がほとんどです。

あえて残るようなものをお礼すると、相手はどうやら好意だと受け取ってくれるみたいですよ。

なので何とも思っていない男性にそういったプレゼントを渡すことは勘違いさせてしまう可能性が高いので控えたほうがいいでしょう。

♥2人きりの食事や飲みに誘われた時


「飲みに行きましょうって言われて、2人きりだった場合は高確率で好かれてると思っています」(28歳/放送)

確かに女子は好きではない人をサシ飲みには誘わないものの、友達になりたい相手を誘ったりもすることもあると思いますが、早とちりしてしまう男性もいるよう。

でも、自分を意識してもらうきっかけにはなりますよね。

あとはサシ飲みをした時の会話の内容で好意をほのめかしていくことで、男性の中で確信に近付けていくことができるでしょう。

♥趣味の話で盛り上がり、次の会う予定を取り付けてきた時


「前に読書の趣味が合うって盛り上がったんですよ。そしたら、今度は一緒にちょっとめずらしい本が置いてあるカフェバーに一緒に行きましょうって誘われたときですね」(27歳/公務員)

趣味で盛り上がるのは恋心が発生する前段階と言っても過言ではありません。

同じ趣味ということは2人の相性がいい可能性も高いと感じられるからですね。

気になる男子と趣味の話で盛り上がったら、ぜひ関連する場所へのデートを提案してみましょう。

デートに誘う口実にもつなげられるのでかなりチャンスです!

♥見つめられることが多くなった時


「よく視線を感じるなと思ったらいつも同じ子だった…という場合は好かれているんだなと思うことにしています」(34歳/飲食)

好きな人をじっと見つめるのはとっても効果的なようですが、その一方で近視が強くて空を見つめていただけが好意があると勘違いされたなんていう例も。

まだそこまで仲良しになれていない相手の場合などはただ見つめるという方法もいいと思います。

鈍感なひとでも視線には本能的に気付くことが多いので、しゃべれなくても好意を伝えることができますよ。

いかがでしたか?

特に人気の高い相手の場合は早めに恋心を気づいてもらったほうがいいですよね。

上手に相手に伝えつつ、幸せな恋愛をゲットしちゃってくださいね。(modelpress編集部)