12日、微信のソーシャル機能「モーメンツ」のある投稿が、人々の注目を集めた。中国黒竜江省ハルビン市松雷中学3年の孫軼瀟さんは11日夜、下校途中、5時間近くの間エレベーターの中に閉じ込められた。

写真拡大

12日、微信(Wechat)のソーシャル機能「モーメンツ」のある投稿が、人々の注目を集めた。中国黒竜江省ハルビン市松雷中学3年の孫軼瀟さんは11日夜、下校途中、5時間近くの間エレベーターの中に閉じ込められた。救出されるまで、彼はまず安全を確保するために、素早く行き先階ボタンを押してエレベーターの落下事故を防いだ。その後、自ら脱出することを試み、救出を求めるメモを書いて扉の隙間から投げた。そして、消防隊員がエレベーターの扉を突き破って彼を救出するまでの間に、なんと宿題を完成させていたのだ!この事件のあと、彼はしばらくの間、「冷静男子学生」と同級生から呼ばれていたという。黒竜江晨報が伝えた。

孫君によると、閉じ込められた後、メモを書いてエレベーターの扉の隙間から投げたという。メモには、「中に人がいます。ビルの管理者に連絡してください!」と書き、また、行き先階ボタンを押し、緊急連絡用インターフォンで助けを求めた。外の人にメモが渡ったのを確かめると、彼は通学バッグの上に腰を下ろし、教科書と宿題を取り出して足の上に広げた。まず数学の宿題に取り掛かり、その後、物理、国語と進めた。その後、暗記が必要な内容を何度も繰り返した。エレベーターから救出されるまでに、彼は全科目の宿題をやり終えたという。(提供/人民網日本語版・編集KM)