“リトルなでしこ”、試合後のフェアプレーが話題!FIFA公式も動画で紹介

写真拡大

ヨルダンで開催されているU-17女子ワールドカップ。

圧倒的な強さで世界制覇を成し遂げた前回大会から2年が経過し、“リトルなでしこ”は今大会も本戦に出場している。

世界での強さは今大会も健在であり、グループステージで3連勝を果たし、総得点はなんと13。決勝トーナメントではイングランドを3-0と破り準決勝へと駒を進め、この後日本時間18日(火)午前1時からスペインと激突する。

連覇に一歩ずつ近付いているそんな日本代表だが、今大会では「あること」が賞賛されているようだ。

FIFAは、こんな映像を紹介している。

この後予定されている準決勝の2試合ではキックオフ前に各チームのキャプテンによってフェアプレー宣言が行われるのだが、映像の00:10あたりからにご注目。

日本の選手がピッチにうずくまる対戦相手に手を差し伸べている様子が映されている。

実はこれ、グループステージ第3節で実現した日本対アメリカ戦後の様子だ。

連勝を飾っていた日本は最終節で3-2とアメリカに競り合い突破を決めたのだが、一方のアメリカはこの日の黒星によってグループ敗退が决定。両チームの選手たちは、まさに対照的な表情を見せていたのだ。

そんななか、ピッチに倒れ込む選手を励ましたのが日本の選手たちだった。

映像には、浦和レッズレディースに所属するFW小嶋星良が相手GKローレル・アイヴォリーに声をかけている様子が収められており、また日テレ・メニーナFW植木理子はアメリカのブライアン・スノー監督と握手をしている。

リトルなでしこが見せたフェアプレーは、ここまでの大会を彩る名シーンをなっているようだ。

そんななでしこジャパンは、準々決勝のイングランド戦でも美しい行動を見せてくれた。


3-0と完勝し準決勝進出を決めたリトルなでしこたちは、やはりこの試合でも敗れたイングランドの選手を励ましていたようだ。

FIFAによれば、イングランドの選手は日本のロッカールームを通り過ぎる際に「おめでとう!あなたたちは素晴らしいわ。グッドラック!」という声をかけたそう。自分たちを慰めてくれた日本に対して、感謝の気持ちがあったのだろう。

イングランド代表のジョン・グリフィス監督はこの件について、「そういったことを知って、私はとても誇りに思う。とても重要なことだ」とコメント。また、リトルなでしこの選手たちが見せたフェアプレーに対して、以下のように話している。

ジョン・グリフィス(U-17女子イングランド代表監督)

「日本の選手たちはピッチ上でもピッチ外でも、本当に素晴らしい振る舞いを見せた。

彼女たちは、審判に深入りすることはなかった。全ての人に、リスペクトを持って接していた。

結果として、いくつかの新しい称賛を手にしたと思う」

世界でもトップクラスの実力を持ちながら、対戦相手への敬意を忘れずひたむきにプレーするなでしこの選手たち。

優勝による大会連覇はもちろんだが、3大会連続となるフェアプレー賞の獲得も目指してほしいものだ。