5人に1人はドン引き経験も!?「男性におごられると嬉しい金額」1位は…

写真拡大

「男性は食事代をおごって当たり前!」「割り勘なんてありえない!」という時代では、もうありません。なかには、ご馳走されるのは嫌い、という女性もいるでしょう。

一方で、「おごってもらえると、やっぱり嬉しい」という価値観も、まだまだ健在です。

今回は、インヴァランスが首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城の1都6県)在住の 20〜30代の社会人女性600名に実施したアンケート調査結果から、男性にご馳走されると嬉しくなる金額トップ3をご紹介します。

ケチな男性にまつわる、驚愕のエピソードも……!

■3位:万札を見ないとキュンとしない……!? 「10,001円〜100,000円」

「あなたが“男性におごられてキュンとする金額”はどれくらいですか?」という質問の有効回答は558件。そのうち、18%が選び3位になった金額が「10,001円〜100,000円」でした。

働く女性は自分で自由になるお金もありますから、「少しくらいではキュンとしない」と、強気な金額を提示してきた女性もいるのかもしれません。万札が見えて初めて胸キュンする女性が、5人に1人にも達しているようです。

■2位:ランチやディナー1回分の「1,001円〜5,000円」

同調査で2番目に多かった回答は、33%が選んだ「1,001円〜5,000円」。首都圏だと1,000円台のランチは多いですし、晩御飯も一般的なお店でも4,000〜5,000円ほどになることも。つまり、ご馳走してもらうだけで嬉しい!と思う女性が、けっこう多いことがわかります。

■1位:“ちょっとイイお店”の予算でもある「5,001円〜10,000円」

同調査でもっとも多くの意見を集めた回答は、37%の得票率だった「5,001円〜10,000円」です。

お洒落なレストランでディナーを楽しんだり、高級バーでお酒を飲んだりすると、すぐに1万円近くになりますよね。

気持ちは金額の大小で測れないものの、“ちょっといいお店”でご馳走してもらうとキュンとする女性は多いようです。

■5人に1人はおごられてドン引きした経験も……!?

ご馳走してくれる気持ちは嬉しいけれど、相手の態度によっては引いてしまうこともありますよね。

同調査では「男性におごられて“思わず引いた”経験がある」という女性は23.7%。5人に1人はおごられてドン引きした経験を持っているようです。

具体的なエピソードとしては、「少額でドヤ顔された」「クーポンを使われた」「お店を出た後に“あの程度でこんな値段取られた”と愚痴られた」など。

その他、「何度も恩着せがましく言われた」や「会社で“俺がおごった”と言いふらして自慢していた」という衝撃的な態度も!

こんな後日談がついてくるなら、むしろ自分で払いたいという女性は多いのではないでしょうか。

以上、“男性にご馳走されると嬉しくなる金額”でしたが、いかがでしょうか?

金額がいくらであっても、お金を出してくれる気持ち自体がありがたいこと。いつも感謝の気持ちを忘れずにいたいものですね。