「保存展」池袋パルコミュージアムで開催、食・デザイン・アートから”保存”に迫る

写真拡大

東京・池袋のパルコミュージアム(PARCO MUSEUM)で、PARCO DESIGN MUSEUM「保存展」が2016年10月21日(金)から10月30日(日)までの間開催される。

デザインをより身近に楽しみながら学ぶための体験型展覧会「パルコ デザイン ミュージアム(PARCO DESIGN MUSEUM)」が今回提案するテーマは「保存」。コレクターによるモノの保存、食材の保存、アーティストが作品にした保存。様々な意味合いを持つ「保存」に、食・デザイン・アートなどを様々な切り口からアプローチし、多種多様な「保存」のあり方を紹介する。

会場には、古来からの知恵によって発展してきた保存食・発酵食品や、コレクター独自の視点で蒐集された様々なモノ、保存するための技術をアートに昇華させた作品たちが並ぶ。プロデュースは、アッシュ・ペー・フランス BATOMA(場と間)が担当。

また会期中は、ワークショップやセミナーなど様々なイベントが開催され、「保存」をテーマに集められた商品を揃えたミュージアムショップもオープンする。

【イベント詳細】
PARCO DESIGN MUSEUM「保存展」
会場:パルコミュージアム
住所:東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ 本館7F 
会期:2016年10月21日(金)〜10月30日(日)
時間:10:00〜21:00
※最終日は18:00閉場、入場は閉場の30分前まで。
入場料:無料

【問い合わせ先】
TEL:03-5391-8686  


[写真付きで読む]「保存展」池袋パルコミュージアムで開催、食・デザイン・アートから”保存”に迫る

外部サイト

  • 超体験型ミュージアム「魔法の美術館」があべのハルカスに - 見て、触れてアートを楽しむ
  • 「青参道アートフェア2016」表参道&青山のファッションストアや人気カフェが展示スペースに
  • ラーメンズ片桐仁の不条理アート粘土作品展「ギリ展」京都桂川で開催