運の良し悪しがわかる【心理テスト】泥棒に盗まれなかったものは何?

写真拡大

 世の中には、運のいい人と悪い人がいます。何をやってもうまくいく人と、どんなときもトラブルに見舞われてしまう人がいるのはなぜなのでしょうか。あなたの運の良し悪しを、心理テストで探ってみましょう。

【質問】
 泥棒に入られました。でも、一番大切な物は盗まれませんでした。それは何だと思いますか?

A:お金
B:お気に入りの洋服
C:恋人からもらったアクセサリー
D:レア物のコレクション

 あなたはどれを選びましたか? それでは結果を見ていきましょう。

【診断できること】
「あなたの運の良し悪し」
 泥棒に入られたのは、運の悪い出来事。けれど、一番大切な物を盗まれなかったのは、不幸中の幸い。何を盗まれなかったと考えたかで、あなたの本当の運の良し悪しがわかるのです。

■A:お金……まずまず運がいい
 お金は確かに大切なものですが、なくしてもまた稼ぐことができます。お金を盗まれなかったと考えたあなたは、まずまず運がいい人。ただ、お金に縛られる傾向があるため、小さな幸せはつかめても、大きな幸せはつかめないかもしれません。運気をアップさせるためには、お金では買えない幸せは何かを、今一度考えてみる必要があるでしょう。

■B:お気に入りの洋服……運が悪い
 お気に入りの洋服は、新しく買いなおせる可能性の高い物。これを盗まれなかったと考えたあなたは、残念ながら運が悪いでしょう。悩んでも仕方のないことを、いつまでもグズグズと考えていたり、後ろ向きな発言をするようなところがあるため、自然に悪い運を引き寄せてしまいます。運気アップのためには、明るい人を友人に持ち、いい影響を受けましょう。

■C:恋人からもらったアクセサリー……運がいい
 恋人からもらったアクセサリーは、かけがえのない物。これを盗まれなかったと考えたあなたは、運がいい人です。かなり楽天的な性格なので、自然に物ごとがいいほうへと動いていきます。明るく前向きなあなたのまわりには、たくさんの人が集まってきて、いろいろと助けられることが多いでしょう。

■D:レア物のコレクション……ちょっと運が悪い
 レア物のコレクションは、再び手に入れるのはかなり困難かもしれません。これを盗まれなかったと考えたあなたは、ちょっと運が悪い人です。その理由は、物に執着するあまり、人に心を閉ざしているから。人と話をするよりも、1人部屋にこもっているほうが好きなのではないでしょうか? 運気を上げるには、人と会う時間を積極的に持ち、心を開いていきましょう。

 運が悪いと診断結果が出たとしても、意識して習慣や考え方を変えていけば、運のいい人になることはできます。あきらめずに、幸運をつかみましょう!
(紅たき)