写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ハンドリームネットは10月17日、アプライアンス型IP総合管理システムの最新板「VIPM smart」を発表した。

VIPM smartは、IPアドレスやMACアドレスの使用状況、同社セキュリティスイッチ「SubGate」の稼働状況などをリアルタイムに可視化し、管理・制御できるアプライアンス製品。SubGateを導入するユーザーが、ネットワークセキュリティをさらに強化しながら、ネットワークをより効率的かつ安全に運用できるような各種機能を搭載している。

1台で500端末への対応能力があり、ネットワーク管理の専任者が不在でも導入可能な使いやすい機能や、ユーザーインタフェースを備えている。SubGateだけではなく、通常のLANスイッチも含め、ネットワーク全体を統合管理できるという。

SubGateは、ウィルスに感染した際に特徴的な通信のふるまいを瞬時に検知するセキュリティアプライアンスに、L2(レイヤー2)スイッチ機能を搭載したもの。クライアントに最も近いLANスイッチで疑わしいクライアントを自動的に遮断し、ウィルスのLAN内拡散を防ぐことで、感染したクライアントからの情報漏えいを防げる。

提供価格(税別)は、「VIPM Smart Server」が55万円、SubGateの管理に必要なクライアントライセンス「VIPMCL-100 Client」が100ライセンス11万円。

(山本明日美)