ロンドンに滞在していたジャスティン・ビーバー (c)Imagecollect.

写真拡大

歌手のジャスティン・ビーバーが、イギリスのロンドンでファンにバラを配っているところを写真に収められた。

ジャスティンは現地時間15日にコンサートを行い、その後アフターパーティーのためにナイトクラブ「Tape」に訪れた。そこでジャスティンはクラブの前で待っていたファンにラッピングされたピンクと赤のバラを1本ずつ笑顔でプレゼントしているところを目撃された。また、近くのレストラン「Ours Restaurant」では、今年8月に交際を噂されたモデルのソフィア・リッチーが食事をしていたと「デイリー・メール」紙は伝えているほか、ソフィアがそのナイトクラブにもいたとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。

ジャスティンといえば、今年6月にファンと写真を撮らないと宣言。「もし、君たちが僕をどこかで見ても、僕が写真を撮らないことを知っていてほしい。写真を撮るのはもう終わり。人々が僕にこんにちはと言わず、人間として認識してくれないところまで来たんだ。僕は動物園の動物みたいに感じるよ」と明かしていた。

ジャスティンからバラをもらったファンはますますメロメロになっただろう。【馬場 かんな】