スキレットでサーブされるあったかスイーツが人気。仙台「ドゥークルール」

写真拡大

仙台の街中にある「ドゥークルール」は、ドイツ生まれのパンケーキ・ダッチベイビーやなめらか食感のフレンチトーストなど、あったかスイーツが人気のカフェ。季節の花で彩られた店内は、ショッピング途中のくつろぎタイムにもぴったりです。

フローリストセレクトの花が彩る、癒しのカフェ

JR仙台駅から歩いて10分ほど。駅の西口から続くアーケード街を1本奥に入った路地裏のビルに「DEUX couleurs(ドゥークルール)」はあります。

階段を上りビルの2階へ。明るい日差しが差し込む店内は、ウッディなインテリアが配された居心地のよい空間です。ところどころにあしらわれた花々やグリーンは、専属のフローリストがプロデュース。可憐な花をのんびり眺めているだけで、自然と気持ちが華やぎます。

もっちり食感が魅力の、進化系パンケーキ

今の時期のいちおしは、スキレットで届く「ドイツ風パンケーキ」(680円)。ダッチベイビーとも呼ばれるこちらのメニューは、オーブンでじっくりと焼き上げた進化系パンケーキです。
生地は卵をふんだんに使って作るジャーマン生地。甘さ控えめのシンプルな味わいで、もちもちとした食感が特徴です。

ひとくちほおばると、熱々のパンケーキに溶け込んだアイスクリームのやさしい甘みがふわり。生地からほんのりと感じる塩気とレモンピールの爽やかさが大人味に仕上げています。
見た目以上にボリュームがあるので、2、3人でシェアして味わうのがおすすめです。

プリンのようになめらかな濃厚フレンチトースト

リピーター続出の「フレンチトースト」(780円)も味わってほしいひと品。
その魅力は、プリンかと思うほどなめらかな食感にあります。厚くカットした食パンを特性のアパレイユ(卵液)に一晩漬け込んだのち高温で焼き上げることで、外側はカリッと、中はふるふるの食感になるのだそう。

口に運ぶと、外側のカラメルのような香ばしさと中の濃厚な甘みが重なり、思わず笑顔に。コクのあるカラメルソースをかければ、より贅沢な味わいが楽しめます。

ほかにも、ランチタイムは「日替わりプレートランチ」(800円)と野菜のみで作るヘルシーさが魅力の「野菜カレー」(900円)などがラインナップ。
数種類のお総菜をワンプレートにした土日限定ランチ「デリプレートランチ」(950円)も要チェックですよ。

肌寒くなるこれからの時期。「DEUX couleurs」のスイーツで、ほっこりしませんか。

ことりっぷの最新記事