『天使の3P!』1巻(著:蒼山サグ、イラスト:てぃんくる/アスキー・メディアワークス)

写真拡大

 『ロウきゅーぶ!』の蒼山サグ&てぃんくるコンビで贈る、『天使の3P!(スリーピース)』が2017年にテレビアニメ化されることが決定した。この知らせにファンたちは「天使の3Pアニメ見るまで死ねないとか思うからオタクでよかった」「楽しみすぎて生きる希望がまた一つ出来たって感じです」「生きてるといいことあるもんだな」と大興奮の様子。

 過去のトラウマから不登校気味になっている、貫井響の密かな趣味は歌唱ソフトで曲を制作すること。そんな彼のもとに小学5年生の少女たちからメールが…。同作は、子供のころから一緒に育った3人の少女が、想い出作りと感謝のために、一生懸命ロリ&ポップなシンフォニーを奏でるバンド物語だ。

 蒼山は、2008年に『ロウきゅーぶ!』で第15回電撃小説大賞銀賞を受賞し、2009年に同作品でデビュー。2011年、2013年にTVアニメ化もされた同作は、スポーツ推薦で高校に入学、叔母が顧問を務める初等部女子バスケ部のコーチを務めることになった男子高校生・昴が主人公。一人の男子高校生と小学生の女の子たちがバスケットボールにかける青春を描くスポーツコメディに「王道のあたたかなストーリーに思わずほっこり」「ロリロリかと思いきや、しっかりとした青春小説。面白い!」「昴が小学生女子に思う気持ちが俺たちの思いを全部代弁してくれる!!」と多くのファンを魅了した。

 そんな蒼山の描く『天使の3P!』の魅力の一つは、『ロウきゅーぶ!』でもタッグを組んだイラストレーター・てぃんくるが描く女子小学生たち。ギター担当で、臆病な部分があり内またで目じりに涙をにじませることもしばしばな五島潤、ベース担当の気が強く、3人の中では一番の行動派に見える紅葉谷希望、ドラム担当の常にマイペースで不思議な雰囲気を持つ金城そらの3人が、自分たちの暮らす児童養護施設「リトルウイング」のために、努力して、行動して、困難を克服していく様子に「小学生の女の子はこれだからッ…」「頑張る女の子の可愛い可愛いこと」「くぅ〜たまんない!!」とファンはメロメロ。

 アニメ化の知らせは、2016年10月2日(日)に行われた「電撃文庫 秋の祭典2016」にて発表された。気になるキャストには、響役に井上雄貴、潤役に大野柚布子、希望役に遠藤ゆりか、そら役に古賀葵がキャスティング。響の妹で、潤、希望、そらの同級生・貫井くるみ役はアニメ「ロウきゅーぶ!」シリーズにも出演していた日高里菜が務める。さらにキャスト陣によって「バンドを実際に結成してユニット活動をする」というプロジェクトも発表され、「主題歌を歌うとかじゃなくガチでバンド結成っていうのが(・∀・)イイネ!」「今からライブが楽しみすぎてドキドキするぜ」と大盛り上がり。中には「劇中歌に向けて楽器練習したい感はあるよね」「さーて、俺も潤と一緒のギター買って練習するかな」「さて、3Pバンドを組む仲間をみつけるとするか」と、自分自身も動き出す人も。

 原作者の蒼山も自身のTwitterで「2017年TVアニメ化でございますやったー!」とコメント。アニメ作画スタッフはアニメ「ロウきゅーぶ!」とほぼ同じチームという情報もあり、ファンは「信頼度100でいけますね!」「これは最強チームですやんけ」と大盛り上がり。アニメやユニットについての詳細は今後発表されていくとのことなので、期待しながら原作を読み返すのもいいかもしれない。

■アニメ「天使の3P!(スリーピース)」
原作:蒼山サグ
キャラクター原案:てぃんくる
監督:柳伸亮
キャラクターデザイン:野口孝行
シリーズ構成・脚本:雑破業
制作:project No.9
音楽制作:ランティス
出演:大野柚布子、遠藤ゆりか、古賀葵、井上雄貴、日高里菜