写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は17日、新型コンパクトミニバン「フリード」「フリード プラス」(9月16日発売)の1カ月での累計受注台数が、10月16日時点で月間販売計画(月間6,000台)の約4倍以上となる2万7,000台を超え、好調に推移していると発表した。

新型「フリード」「フリード プラス」は、「7days Wonderful Mobility」をコンセプトに「いつでも」「どこでも」「だれでも」用途に応じて思い通りに使えるコンパクトミニバンとして開発された。先代「フリード」で好評だった「ちょうどいい」をさらに進化させたクルマとなっている。

発売1カ月での受注の構成比は、「フリード」ハイブリッド車が38%、「フリード」ガソリン車が36%、「フリード プラス」ハイブリッド車が15%、「フリード プラス」ガソリン車が11%。ファミリー層を中心とした幅広い層に購入されており、とくに「フリード」は子育て層、「フリード プラス」は独身や子離れ層が多く占める傾向にあるとのこと。

同車の購入ポイントとして、「先進の安全運転支援システム『Honda SENSING』(タイプ別設定)」「エクステリアデザイン」「多彩なシートアレンジと広い室内空間」「『フリード プラス』の車中泊も可能なフラット空間と床下収納を同時に実現した超低床荷室」「力強い走りと低燃費を両立したパワートレイン」を挙げている。なお、「Honda SENSING」の装着率は、メーカーオプションと標準装備を合わせて82%にのぼるという。

(木下健児)