大東文化大が10人の合計タイム10時間08分07秒で1位になり、明治大が10時間08分17秒で2位に続くなど、10位の日大までが本戦の出場を決めた10月15日の箱根駅伝予選会。陽差しも強く、気温も上がり、各校とも選手たちにペースを抑えさせるなかで、パトリック・ワンブイ(日大)とレダマ・キザイサ(桜美林大)に続き、日本人トップの3位でゴールしたのは鈴木健吾(神奈川大3年)だった。

 そのゴールタイムの58分43秒は、14年に村山紘太(城西大・現旭化成/リオデジャネイロ五輪5000m、1万m出場)が出した58分26秒と、07年に木原真佐人(中央学院大・現SGホールディングス)が出した58分40秒に続く日本人歴代3位の記録だが、後半の安定感はタイム以上の強さを見せつけるものでもあった。

「大後栄治監督からは、最低でも日本人トップと言われていたので......。自分は暑さが苦手ではないので問題ないと考えていましたが、スタート前は想像以上に陽差しが強かったですね。ちょっとゆとりを持って入った方がいいかなと思ったのですが、いざスタートすると強い気持ちを持って走ることができました」

 こう話す鈴木は、最初の5kmを留学生が作る14分23秒のペースに乗った。5kmを過ぎてからは留学生勢を逃がして日本人選手がいる集団に入り、10kmまでを14分58秒に落とした。その中で「意外と気持ちにゆとりがありました。そこから余裕を持たせて走っていると『これなら行ける』という感覚を持てたので、9kmからは集団の前に出てペースを上げました」と話す鈴木は、10km過ぎからはムソニ・ムイル(創価大)とともに集団から抜け出して落ちてきた留学生たちを抜くと、順位を3位に上げた。そして18km過ぎでムイを突き放すと単独3位でゴール。ラスト5kmも全体最速の14分40秒と、後半に強さを見せた。

「監督からは59分10秒と言われていたので、狙いとしては59分0〜10秒でした。でも59分台と58分台では気持ちが違うので。チームのためにしっかりまとめるということを意識しながらも、タイムは狙ってはいました」

 前回の箱根では2区を走ったが、1区が15位と出遅れたこともあって淡々と走るだけでチーム順位も上げられず、区間14位に終わった。「凡走で終わっただけで、チームとしても手も足も出ない形で終わってしまって悔しかった。それに監督から17年のユニバーシアードを目指そうと言われてその思いもあったのですが、同学年の工藤有生(駒澤大)は前をガンガン追っていたので、『(自分は)ユニバーも口だけだな』という感じで無力感も感じました」と鈴木は言う。

 状態は万全とは言えないなか、箱根その悔しさを晴らすために、ユニバーシアード選考会になる今年3月の日本学生ハーフに出場し、1位とは1秒差、2位と同タイムの1時間03分08秒で3位になった。それを自信に練習に取り組み、5月の関東インカレ2部、1万mでは28分50秒13の自己新で3位。さらに7月のホクレンディスタンス北見大会では自己記録を28分30秒16まで伸ばし、日本学生ランキング8位(日本人4位)になる成長を見せている。

 身長は163cmと小柄だが、「故障をしないのが自分の持ち味」という鈴木を、大後監督は「自分の体の状態を見極め、練習の強弱の取り方がさらにうまくなってきた」と評価する。性格的にもコツコツ積み上げるタイプで、まさにマラソン向きの選手。3年生ながら駅伝主将になった今年は再来年のマラソン挑戦も意識し、「そのためにもハーフマラソンでユニバーシアードに出て、世界の強さの洗礼を浴びたい」と、夏場には最長35km走も含む月間1200kmを走り込んだ。この練習が着実に力となってきていることを、この予選会で証明してみせたのだ。

「けっこう暑くて他の大学の選手も苦戦しているなかで、このタイムを出せたのは自分にとって自信にはなりました。でもあくまでも予選会なので......。本戦のエース区間を走ってくる一色恭志さんや服部弾馬さんなどは、今日58分15秒で走って1位になったワンブイと同じくらいのタイムで走る選手だと思うので、そこでしっかり戦って記録を出せるようにならなければダメだと思います。ケガをしないというのと安定して走るという力は最近になってすごくついてきたなという感覚はあるので、これからも気を緩めないでやっていきたい」

 神奈川大は総合では10時間11分47秒で5位通過という結果だった。大後監督は「全員が1時間1分台では入ってほしかったが、2分かかっている選手もいる。想定は10時間7分半だったが、10kmから上げることができずに4分悪かった。まだチーム全体の1万mの記録も遅いし、4年生もケガの影響で7月くらいから練習をできるようになった状況なので、これが今のうちの実力です」と言う。

 その中でも、鈴木と同レベルの練習をこなしているという2年生の山藤篤司は、6月の全日本大学駅伝関東予選会では鈴木とともにハイペースの先頭集団に8000m過ぎまでつきながらもラスト1周で過呼吸になって本戦出場を逃していた。しかし今回はそのアクシデントを覆す走りを見せ、後半追い上げて59分58秒で10位になっている。

「去年は15kmから失速したので、今年はラスト5kmを意識しました。ついた集団のペースが思ったより遅くて、15km通過も44分59秒と遅く、落ち着いて走れた。うちは展開をひっくり返せる選手がいないので、箱根では往路の1区と2区でしっかり流れを作らないといけない。これからは1万m28分40秒切りを目標にして1区でも勝負できるようにしたい。(鈴木)健吾さんに2区でしっかり戦ってもらうためにも、1区でいい位置でタスキを渡さないと話にならないと思う」

 山藤がこう言うように、箱根でシード権獲得を目指すチームにとって、序盤でいい位置につけて流れを作ることは必須の課題だ。それを考えれば鈴木がトップと戦えるエースに成長した神奈川大は、その可能性を秘めているチームとも言える。

 箱根の2区快走からユニバーシアードへ、そしてマラソン......。鈴木の目標はこの予選会の快走で、さらに明確になった。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi