44万RTを記録!落下するスマホでハイタッチ自撮り「High Five Selfie」を真似する人が続出

写真拡大

鏡の前で両手を頭上で打ち合わせるハイタッチ姿を、落下するスマホで自撮りする「High Five Selfie」が、なぜか世界で大流行。

ブームの火付け役はアメリカの大学生

最初に試したのはアメリカの大学生。

「今日は人生で最高に誇らしい日。ハイタッチ姿の自撮りに成功!」

Twitterにハイタッチ自撮りの写真をアップすると、あっという間に17万以上のリツイート、44万もの「いいね」がつく世界規模のブームに発展した。

真似する人続出

スマホと鏡さえあれば誰でもできる気軽さから、真似してトライする人が続出。

スマホが壊れないように枕を置く人も。

「やった・・・すごい達成感」

「アラブ首長国連邦初の#HighFiveSelfie」

変形ポーズも登場。

「ウェブの新たな愚行」

欧米で数多く報道されている不思議な流行を、「ウェブの新たな愚行」と皮肉るメディアも登場。

「ホームレスの移民に食事を配布する若者たちの挑戦は話題にならないのに」と嘆く。

そんな嘆きをよそに、ブームはまだまだ続きそうだ。

「#HighFiveSelfie達成のような重要なことに集中」

「僕のスマホへの信頼は、君たちのほとんどの人間関係よりも強い」

「誇らしい」