写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SCSKは10月17日、超高速開発を実現する自社開発の超高速開発・実行基盤「FastAPP(ファストアップ)基盤」上で、Webアプリを開発・運用できるクラウドサービス「FastAPPサービス」の提供を開始した。

FastAPP基盤は、業務アプリケーションの「迅速な開発」「容易な運用」「柔軟な改善」を可能にするSCSKオリジナルの開発・実行基盤。部品を組み立てるようにアプリを作成でき、すぐに動作確認が行えるため、動く画面を見ながらの要件定義や業務を続けながらの修正が可能になる。

今回のFastAPPサービスでは、SCSKの超高速開発・実行基盤である「FastAPP基盤」と、導入から活用コンサルティングまで支援する行うサポートサービスを組み合わせて提供。導入トレーニングから、開発・運用のためのサポートデスク、高度な技術サポートなどを目的とした活用コンサルティングまで、継続的で充実したサポートサービスを用意している。

また、基幹システムとのデータ連携やERPの周辺業務アプリケーション構築、他サービスとの連携も柔軟に対応でき、事業展開にフィットしたシステムが速やかに実現できるという。

FastAPPサービスの提供価格(税別)は個別見積もりとなるが、例として、50ユーザー15万円となる。

(山本明日美)