レッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップの2016年シーズンも、最終戦となる第8戦を残すのみ。今年3月にUAE・アブダビで開幕した、7カ月に及ぶ戦いもいよいよクライマックスを迎える。

 日本人パイロット、室屋義秀にとってはシーズン開幕前に掲げた目標、「年間総合で表彰台(3位以内)」を達成できるかどうかがかかる大一番である。

 10月2日にアメリカ・インディアナポリスで行なわれた第7戦では、室屋はラウンド・オブ・8で敗退した。前日の予選で他を圧倒するトップタイムを記録していただけに、5位に終わったことは悔やまれる。だが、ラウンド・オブ・8でも、このレースで年間総合優勝を決めたマティアス・ドルダラーに敗れはしたものの、ラウンド・オブ・8全体で2番目のタイムを出している。パイロット、マシンともに調子自体はかなりいい。

「アメリカをベースに活動しているチームスタッフが多いので、彼らにとってはやりやすいところはあるだろうが、僕自身はアメリカだから特別に相性がいいと感じることはない」

 室屋は素っ気なくそう語るが、昨年のシーズンもラストのアメリカ2連戦では、どちらもファイナル4に進出。第7戦で3位、第8戦で4位と好成績を残していることも、期待が高まるデータではある。

 チームの分析担当を務めるベンジャミン・フリーラブは、第7戦を終えた後、晴れやかな表情で「負けはしたが、最後のフライト(ラウンド・オブ・8)はすごくよかった」と語り、自信ありげにこう続けた。

「ヨシはすごくいい状態にある。昨年もラスベガスでは好結果を残しているし、ヨシにとって最終戦は勝つチャンスのあるレースになると思う」

 その自信は、現地ラスベガスに入ってからも変わらない。フリーラブは「第7戦から短期間ではあったが、機体の改良もいくつか施した。機体の仕上がりはかなりいい」と、笑顔で語る。

 もちろん、パイロットの室屋もコンディションはいい。第7戦が終わった後も、室屋はアメリカに残り、フリーラブの活動拠点であるカリフォルニアで、機体の調整と自らのトレーニングを重ねてきた。

「前のレースが終わってから4、5日オフにしてリフレッシュした後は、ずっと飛んでテストしてきたので機体の状態はいいし、僕自身も移動や時差がないので、体がかなり楽。インディよりも安定して飛べる状態にある」 

 室屋は穏やかな表情でそう語る。

 不安があるとすれば、気象条件だろうか。昨年のラスベガスは、レース途中に突然の雨と強風に見舞われ、一時中断となるなど難しいコンディション下でのレースとなった。会場となるラスベガス・モータースピードウェイは、砂漠のなかに作られており、今年もある程度の強風は覚悟しなければならない。室屋も「天気予報では、予選日もレース日も同じように午後から風が強くなりそう」と話し、レースへの影響を心配する。

 それでも室屋は、昨季も同様の悪条件に見事対応し、ファイナル4まで進出している自信からか、「トラックのレイアウトは去年とまったく同じだし、(同じように風が吹けば)タイムも去年と比べられるからおもしろいレースになる」と、前向きにとらえている。

 室屋は今季、地元・日本で開かれた第3戦で涙の初優勝を果たしたものの、その後は惜しいところで結果が出せず、優勝はおろか、一度もファイナル4に進出できていない。室屋にとっては、2009年のレッドブルエアレース・デビュー以来、最も重要な足跡を残したシーズンだけに、最後をいい形で締め括りたいところだ。そうすることが、このレースだけでなく、年間総合での好結果をもたらすことになる。

 室屋自身、「(最終戦だからといって)特別、感情に変化はない」と、いつもどおりのポーカーフェイスで話しながらも、でも、とつないで、「最終戦なので、しっかりとまとめて終わりたい」と決意を口にする。

 では、室屋が年間総合で表彰台に立つための条件をおさらいしておこう。

 第7戦終了時点で年間総合順位(チャンピオンシップポイントランキング)は、すでにドルダラーの優勝と、マット・ホールの2位が確定している。つまり、現在6位の室屋には、3位の可能性しか残されていない。

 まずは、室屋が最終戦で2位以上に入ること。これが表彰台に立つための絶対条件となる。ただし、室屋に自力で年間総合3位になる可能性はなく、優勝、あるいは2位になったうえで、他のパイロットの結果を待つことになる。他力本願ではあるが、現在の室屋の調子を考えれば、絶望的と表現しなければいけないほど厳しい状況ではないだろう。

 まして会場は、(本人は否定するが)相性のいいラスベガス。有終の美を飾る舞台は整っている。室屋が語る。

「人のことを考えても仕方がない。他のパイロットのフライトは邪魔できないから(笑)。だが、ここで優勝すれば、かなり(年間総合3位になる)可能性は高いし、それだけのポテンシャルは十分あると思っている。当初からの目標があるので、最後の最後までそこへ向かって進みたいし、最後は勝って終わりたい」

 2016年ラストレース。室屋は人事を尽くして天命を待つ。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki