中央気象局提供

写真拡大

(台北 17日 中央社)強い台風22号はフィリピン東の海上を時速25キロで西北西に向かっている。今後フィリピン・ルソン島の北部に上陸し南シナ海に抜けるとみられ、中央気象局では19日から天気が崩れ、20日と21日には台湾東部で激しい雨に注意が必要としている。

台風22号は、17日午前8時現在、中心気圧は955ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートル。瞬間最大風速は50メートル。今後も勢力を強める見込み。進路によっては台風の接近に注意を呼びかける警報を発令する可能性もある。

一方、南シナ海上にある台風21号は今後中国大陸・海南島方面に進むとみられ、台湾への直接的な影響はないとしている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)