写真提供:マイナビニュース

写真拡大

土屋太鳳主演の映画『兄に愛されすぎて困ってます』(2017年夏公開)の劇中写真が17日、公開された。

同作は、雑誌『Sho-comi』で連載中の同名人気漫画を実写化。ヒット映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』の製作チームが集結した。土屋は全くモテない女子高生・橘せとかを演じ、ヤンキーでツンデレ系のイケメン兄・橘はるかをGENERATIONS from EXILE TRIBE・ボーカルの片寄涼太、せとかの初恋の相手で憧れの人・芹川高嶺を千葉雄大が演じる。

この度公開された写真では、3人が劇中のビジュアルで登場。高校の制服姿の土屋、髪型や制服、ヘッドフォン等、原作を忠実に再現した片寄、大人の色気を見せる千葉、3人の関係を感じさせるショットとなった。

土屋は、片寄に初めて会った瞬間から「お兄だ!」と確信したと振り返り、映画初出演となる片寄は「周りのキャスト ・スタッフに助けられ、自然と役に入り込めた」と語る。土屋と千葉は片寄がボーカルとして活躍するライブを観に行き、千葉は髪が乱れてしまうほどに楽しんだと明かすなど、現場の外でも中の良い様子を見せた。

(C)2017「兄こま」製作委員会
(C)夜神里奈/小学館