『君の名は。』 (C)2016「君の名は。」製作委員会

写真拡大

8月26日に公開されて以来、10月14日までの50日間で、観客動員1149万人、興収149億円とメガヒット中の新海誠監督作『君の名は。』に、また1つ、新たな金字塔が加わった。

『君の名は。』大ヒットの理由を徹底分析!

第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭(以下、シッチェス映画祭)で、スペイン現地時間10月15日に、コンペティション部門に出品された作品を対象にした各賞が発表され、『君の名は。』がAnima't部門(アニメーション作品の部門)の最優秀長編作品賞にあたる「Award for Best Feature Length Film」に輝いた。

同映画祭は、1968年から開催されている映画祭で、ポルト国際映画祭(ポルトガル)、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭(ベルギー)と並ぶ世界3大ファンタスティック映画祭の1つ。ファンタジー、ホラー、アニメーションに特化した国際映画祭だ。

日本映画では過去、同賞に、2006年『時をかける少女』、2009年『サマーウォーズ』(ともに細田守監督)が輝いている。

今回の受賞に新海誠監督は「シッチェス映画祭で最優秀長編作品賞の受賞、本当に光栄に思います。『君の名は。』は入れ替わりや彗星来訪、東京と地方、土着の伝統や神道など様々な要素から成る物語ですが、その骨子はストレートなボーイミーツガールです。この映画をスペインの方々に楽しんでいただけたことに、私自身とても励まされました。本当にありがとうございました」とのコメントを寄せている。