禁煙するとなぜ眠気が?喫煙者が陥る眠りの問題とは

写真拡大

普段の何気ない習慣が原因となって、眠りの問題を抱えてしまうことがあります。「タバコ」もそのひとつ。
 
喫煙は身体に悪いとよくいわれますが、喫煙者の中には禁煙をすると眠くなってしまうから喫煙を続けているという人もいます。実はタバコと眠気には意外と深い関係があり、喫煙者のこうした行動はある意味で理に適っています。
 
今回は、タバコと眠気の関係をみていきましょう。

タバコと睡眠には深い関係がある

禁煙を始めたら眠いと感じる機会が増えたというケースは決して珍しいことではありません。禁煙によって眠いと感じるのは、いわばタバコからの離脱症状の一つです。
 
喫煙者の中には、気分を落ち着かせるために喫煙をしているという人もいますが、これはタバコに含まれるニコチンによる「脳の覚醒作用」が大きく関係しています。
 
タバコを吸うと一種の興奮状態に近い感覚になるのは、ニコチンが引き金となって脳が覚醒状態になるため。脳が覚醒している状態は、興奮や緊張を促す交感神経が刺激されている状態。しかし、あまり脳に強い覚醒作用を与え続けると、脳がずっと興奮状態になってしまうので、寝たい時に眠れないなどの睡眠問題を抱えやすくなります。

ニコチンが切れると脳が覚醒できない身体に

喫煙者が抱えている睡眠問題の主な原因は、ニコチンの覚醒作用によるもの。実際、喫煙者がいきなり禁煙を始めると、ニコチンに頼っていた脳の覚醒機能をうまく働かせることが難しくなります。
 
すると、一日を通して眠気を感じたり、朝起きられなくなったりなどの眠りの弊害を起こしがちに。喫煙期間が長いほど、脳が本来持っている覚醒作用の力が弱くなり、禁煙によって激しい眠気に襲われる傾向が強くなるといわれています。

カフェインがニコチンの代わりになる

禁煙を始めたときの眠気対策として、とても効果的な対処法は「カフェイン」。コーヒーなどに含まれるカフェインには覚醒作用があります。それまでニコチンに頼っていた脳の覚醒をカフェインに置きかえることで、禁煙後の眠気をある程度解消することに役立ちます。
 
ただ、タバコを吸いながらコーヒーも飲んでいたという人は、禁煙をすると今度はコーヒーを飲み過ぎてしまうことがあります。コーヒーに含まれるカフェインも、摂りすぎると夜眠れなくなってしまうなどの弊害を引き起こすもとに。
 
ニコチンの代わりにカフェインを摂取して眠気を除去しようとする場合は、くれぐれも摂り過ぎには注意しましょう。

禁煙による眠気は3週間耐え抜こう

禁煙直後に感じる激しい眠りは、いわば脳がニコチンなしでも覚醒できるように準備している状態です。
 
禁煙によって眠いと感じる状態は、だいたい3週間程度で徐々に和らいできます。この期間をとにかく乗り切れば、喫煙しなくても眠くならないように自分の身体を慣れさせることができるはず。まずは3週間、禁煙による眠気を耐え抜きましょう。それでも眠気が解消されないなら、そのときは何らかの睡眠障害に陥っている可能性が考えられます。すぐ、お医者さんに診てもらうようにしましょう。

おわりに

禁煙をするとやたら眠いという症状が続くことは確かに事実かもしれません。しかし、それは禁煙のせいで眠いのではなく、それまでの喫煙にその眠い原因があるのだということはしっかりと覚えておきましょう。
 
禁煙による眠気の原因はそれまでの喫煙生活にあります。激しい眠気を禁煙のせいにして、それを喫煙の言い訳にするのはやめましょう。眠気の根本的な原因を断つためにも、禁煙をしっかり続けることが大切です。