横井昌志(D-MAX)/撮影:北村誠一郎

写真拡大

自動車ドリフト競技の最高峰「D1グランプリ」の最終戦と、そのエキシビジョンレース「2016 D1GP TOKYO DRIFT in ODAIBA Champions」を含めた自動車イベント「2016 AUTO SALON LIVE TOKYO」が、10月22日(土)・23日(日)の2日間、東京都江東区青海のNOP地区内「D1特設会場」にて行われる。

【写真を見る】人気アニメ「ガールズ&パンツァー」のイラストが描かれたシルビアで今年初勝利を飾った村山悌啓(PACIFIC RACING TEAM with DUNLOP)/撮影:北村誠一郎

22日(土)の「2016 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX」では、既に前戦で齋藤太吾(WANLI FAT FIVE RACING)の年間チャンピオンは決まったものの、現チャンピオンの川畑真人 (Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING)が、遠かった一勝をシーズン最後に果たし、ランキング2位を確定させられるのか? また、現在シリーズランキング3位を争っている藤野秀之(WISTERIA with TOYO TIRES)、横井昌志(D-MAX)、そして人気アニメ「ガールズ&パンツァー」のイラストが描かれたシルビアを駆り、今年初優勝を決めた村山悌啓(PACIFIC RACING TEAM with DUNLOP)らのランキング争いに注目!

23日(日)にはエキビジションレース「2016 D1GP TOKYO DRIFT in ODAIBA Champions」が行われ、大会中では適わなかった追走ドリームマッチや、迫力のあるD1クロスなどのエキビジションマッチなどが行なわれる他、D1GPにおける“良い走り”“悪い走り”のデモ解説走行を実施。初心者にD1を解りやすく観戦するプログラムを用意している。

また、両日とも、レースのほか、自動車メーカーをはじめとする各社のブースが設けられ展示のほか、試乗も可能とのこと。コースと観客席が非常に近く、シーズンの中で、最も迫力ある走りが堪能できる台場大会。近くにはダイバーシティなどの施設が多数あるので、ぜひ訪れてみてはいかが。【東京ウォーカー】