ホノルルハーフマラソンの参加者募集中  17年4月、ハワイの魅力を凝縮したコース

写真拡大

 ホノルルマラソン日本事務局では2017年4月9日の日曜日に開催される「ホノルルハーフマラソン・ハパルア2017」の参加者を募集している。

 ハパルアとはハワイ語で「半分、ハーフ」の意味で、種目はハーフマラソンと車いすのハーフマラソン。ワイキキビーチをスタートし、ダウンタウンを抜けた後、ダイヤモンドヘッドを巡ってカピオラニ公園がゴールの、まさにホノルルの魅力が凝縮された約21キロのコースになっている。制限時間もないため、家族や友人と気軽にランニングを楽しめ、体への負担も少ない。

 この大会は、年末のJALホノルルマラソンを開催しているホノルルマラソン協会の主催で、既に5回行われている。16年は7655人(うち日本人1697人)が参加した。参加資格は大会当日7歳以上で、大会オフィシャルサイトから申し込む。参加料は2017年1月13日(金)までが1万3千円、3月24日(金)までが1万6千円、その後は現地受付で180米ドル。参加記念のTシャツと記念バッグが付いている。なお、日本航空のハワイ便を利用して大会に参加すると〇臆知腺伽蕷潦箘大会当日、JALテントでの食事―の特典がある。

 また、大会のオフィシャルサイトでは、ホノルルマラソン2016及びホノルルハーフマラソン・ハパルア2017のオフィシャルアーティストであるソウルミュージックの歌姫、AI(アイ)さんが書き下ろした大会テーマソング「Run To The Sun」を使ったプロモーションビデオを見ることができる。アップテンポの明るく軽快な曲で、AIさんは「走っている人もそうだけど、聞いた人が南国気分を味わえて、すがすがしい気持ちになってくれたらいいなと思って書きました。思いっきりトロピカルと思われる音をたくさん入れて、南国感を出しました」とコメントを寄せている。