白石あさえの目指せコースデビュー! 
連載●第29回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜


■アプローチは「肩のライン」が崩れやすい

内藤雄士コーチ:以下内藤 前回のレッスンからアプローチ編に入りました。アプローチではPW(ピッチングウェッジ)を使用することと、その理由を説明しました。今回からは具体的な打ち方のポイントを説明していきます。

白石あさえ:以下白石 前回は構え方まで教えてもらいましたよね。よろしくお願いします。

内藤:そう。クラブを短く持つことと、ボール位置についても説明しました。アドレスに関しては、もうひとつ大切なことがあります。それは肩のラインです。

白石:これまでのレッスンでも内藤コーチは肩のラインが大事だと指摘されてきましたよね?

内藤:その通りです。でも、アプローチではさらに重要になります。理由はアプローチが肩のラインが狂いやすいショットだからです。

 気をつけることは、今までやってきたフルショットと同じように、ターゲットラインと平行に両肩を結んだラインをセットすることです。ただ、アプローチはターゲットまでの距離が近いので、体がターゲットを向きやすくなる傾向があります。要するに肩が開きやすくなります。するとヘッドの入射角が鋭角になったりして、軌道がカットになりやすくなるので、ミスの原因になるわけです。

白石:クラブを振るときに注意することはありますか?

内藤:振り幅が小さくなるのと、手首の動きをロックした状態で、振り子のように動かしてください。決して、ボールを上げようとしないこと。前回のレッスンで説明しましたが、ボールを上げてくれるのはロフトの役目です。手先でコントロールして、スイングしないように心がけてください。

白石:手首をロックするときのポイントは?

内藤:アドレスでボールを右足寄りに置いた段階で、手首の形はハンドファーストになります。このアドレスの時の形をキープしたまま、肩の回転でクラブを振ります。イメージ的には上げて下ろすだけ。フォローを無理に取ろうとしないで、インパクトをして終わりくらいの気持ちで振るといいでしょう。

白石:振り切らなくていいんですね。フルショットのときとまったく感覚が違いますね。身につくまで、頑張って練習してみます!


●体が開いてないか、常にチェックして

アプローチはターゲットが近いので、意識がそっちの方向に向きやすく、無意識に体が開きやすくなる。アプローチこそ肩のラインが重要になる。

アドレスでできた手首の形をキープしたまま振り上げて(写真上)、フォロー後も手首を返さない。手首の形が崩れると、インパクトの打点もずれてしまう。

肩のラインが開いていると(体が正面を向いてしまうと)、スイング軌道がカットになり、入射角が鋭角になってしまう。上手くヒットできてもスピン量が安定しないので、距離感は合いにくい。アプローチが難しくなってしまう。


(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。昨年念願だったグラビアデビューを果たす。この秋も各週刊誌の表紙、グラピアページに登場。セクシーなボディーで注目を集めている。最近は競馬も趣味に加わり、「南関ガールズ」として、競馬場イベントにも多数参加。近況は公式ブログとインスタグラムに随時アップされるのでチェックを。ゴルフのほうは最近、練習量を増やして、急成長中。「ジャストミートすると、気持ちのいい音がする。その割合が高くなってきた気がします」。内藤コーチもその変貌ぶりを認めており、そろそろコースデビューのお許しが出るかも!? 身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型。

出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato