肩、痛くない?

写真拡大

きのう16日(2016年10月)に行われたプロ野球パリーグのCSファイナルステージ第5戦で、日本ハムの大谷翔平投手が自分が持つ日本最速記録を更新する165キロをマークした。チームもソフトバンクを破って4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

投げた瞬間にバット振らないと間に合わない

大谷は指名打者として3番で出場していたが、9回の守備で「ピッチャーに入ります」というサプライズ。「二刀流」の真骨頂と札幌ドームは湧いた。

最初のバッターをスライダーで三振させた後、次の打者への初球だった。低目の直球を空振りだったが、ボードには「165キロ」の巨大な数字と大谷の姿が映った。さらに、3人目のバッターにも2球続けて165キロ。バッターもこれをファウルにしたのはさすがだったが、最後はショートゴロに打ち取られた。

司会の小倉智昭「たしか、高校の時は150キロだったんですから、本当に速くなりましたよね」

それを体感させるピッチングマシンのビデオ映像が出たが、165キロは投げてすぐ手元に来る。

菊川怜キャスター「投げた時から打ち始めないと間に合わないですね」

小倉「それでコーナーをついてくるんですからね」

日本シリーズ「広島」打ち返せるか

それにしても、大谷の記録の塗り替えがすごい。かつての国内最速記録は08年6月1日、元巨人のクルーンが出した162キロだった。大谷はおととし10月5日、対楽天戦でこれに並んだが、その後は記録は更新されなかった。それが今年に入って次々最速を出した。6月5日の巨人戦で163キロ、9月13日のオリックス戦で164キロと更新してきた。

山中章子アナ「さらにいくのでしょうか」

菊川「肩、痛くないのかな」

小倉「それよりも、日本シリーズが面白いんですよ。初戦と5戦目くらいを大谷が投げるのかな。広島もバッティングが冴えてますからね」

梅津弥英子キャスター「予想は?」

小倉「難しい。大谷がいるだけ日本ハムが有利かなとも思いますが」