美容効果がヤバイと噂の「スロージュース」を2週間飲んでみた結果…

写真拡大

“スムージー”や“コールドプレスジュース”、“スロージュース”。美容意識の高い方なら、一度は聞いたことがある言葉たちだろう。

だが「スムージ以外は家で作れないよね?」、「それぞれどういう効果があるのか分からない」と様々な疑問を持ち、取り入れるのに躊躇している方もいるのではないだろうか。

そこで今回は、自宅で簡単にスロージュースが作れる『ヒューロム スロージューサー』を筆者が2週間お試し。実際に、筆者と筆者周りの女性2名(27歳Yさん・26歳Mさん)で使ってみた感想をご紹介しよう。

■モデルもこぞって飲んでる! スロージュースって何がスゴイの?

野菜や果物をミキサーにかけて作る“スムージー”とは違い、スロージュースは低速で回転するスクリューで食材を圧縮し、圧力をかけながら搾り出すジュースのこと。

スムージーやコールドプレスジュースは金属製の刃で食材を切り刻むため、野菜や果物が持つ酵素やビタミンなどの栄養素を破壊してしまう可能性がある。

だが、スロージュースは“圧し潰す”という方法をとっているため、食材にストレスがかかりにくい。そのため、野菜の甘みやおいしさ、そしてビタミンや酵素といった栄養素をそのままジュースにすることができるのだ。

一日に必要とされている量の野菜を食べるのは難しいが、スロージュースにすれば手軽に摂取できる上に、普段不足しがちなビタミンやミネラル、野菜や果物に含まれる抗酸化成分“ファイトケミカル”を効率よく摂取できるため、美意識の高いモデルなどがこぞって飲んでいる。

なにかと忙しい『VenusTap』読者にとってもピッタリではないだろうか。

■市販のトマトジュース vs ヒューロムで作ったトマトジュースを比べてみた

スロージュースは低温、低速でジュースを作るため細胞が壊れにくく、色も味も自然そのままと言われている。果たして本当だろうか? そこで実際に『ヒューロム スロージューサー』でトマトジュースを作り、市販のトマトジュースと比べてみた。

作り方はとても簡単。トマトを8等分に切って入れるだけ。食材を入れるとザクッザクッと砕いているような音が聞こえてきた。

すると、トマトを入れてから10秒もしないうちにギュムゥ、ギュムゥという音とともにジュースが……! トマト3個で、400ml近くのスロージュースが完成。

早速、Yさん・Mさんとともに市販のトマトジュースと飲み比べてみた。

(1)見た目は、サラッvsドロッ

市販のジュースの色が真っ赤なのに対し、『ヒューロム スロージューサー』で作ったトマトジュースは色が薄く、透明がかったオレンジ。

また、スロージュースの方はサラッとして喉越しがよさそうだが、市販のトマトジュースはドロッとしていたため、Yさんは「スロージュースの方が美味しそう。2つが並んでいたら、絶対にそっちを選ぶ」と断言していた。

(左:スロージュース、右:市販のトマトジュース)

(2)味は、甘いvsトマト臭い

飲み比べてみたところ、市販のジュースは酸味やトマト臭がキツく、ドロッとしており、飲みきるのがキツかった。また時間が経つと分離してしまい、もう1回飲もうという気にはなれなかった。

それに対し『ヒューロム スロージューサー』で作ったトマトジュースは、時間が経っても分離せず、味もそのまま。「甘くて、トマトだけで作ったと思えない」、「サラっとしているので、ごくごく飲める!」、「トマトのにおいが全然しない」と、3人とも飲みきることができた。

筆者はトマトジュースが苦手で飲めないが、『ヒューロム スロージューサー』で作ったトマトジュースは飲めたため、トマトジュース嫌い・トマト嫌いな方もスロージュースでなら飲むことができるかもしれない。

■驚きの変化ゾクゾク! 2週間のスロージュース生活で体はどうなった?

だが、本当に美容効果は高いのだろうか。『ヒューロム スロージューサー』にはレシピブックがついており、この中から、肌に良い効果をもたらす食材を使った“りんごとセロリ”、“トマトとりんごとキャベツ”の、2種類のジュースを選び、2週間飲み続けてみた。

(1)便秘で悩んでいたものの……3日に1度が毎日に!

筆者はかなりの便秘持ち。3日に1度出ればいい体質だったのだが、スロージュースを飲んでいた2週間は頻度が毎日に! おかげで、少しお腹周りがすっきりし、友人からも「ちょっと痩せた?」と聞かれたほどだ。

(2)顔の赤みやニキビが落ち着いた!

大きなニキビが頬に2つほどあり、赤みもひどかった“飲み始め”。だが、2週間飲んでいるうちにだんだんニキビが小さくなり、肌荒れや赤みが落ち着いたのだ。

敏感肌でアトピー持ちのため、簡単にニキビや肌荒れが落ち着かない肌質のため、筆者自身驚きを隠せなかった。毎日ビタミンCや抗酸化成分“ファイトケミカル”を効率よく摂取できたのが、よかったのかもしれない。

また、今年海で日焼けした影響が肌に出ないかと心配していたが、去年よりも日焼けが落ち着くのが早く、肌の調子もよかったように思う。

2週間で摂取した野菜の量は、いつもの3倍近かった。これだけをサラダなど食事で食べるのは難しいが、ジュースにすれば全然無理なく摂取することができる。

一緒にスロージュースを体験してくれたYさん・Mさんも「家に1台あったらいいよね!」と、かなり気に入っていたよう。

「忙しくて料理をする時間はとれないけれど、しっかり野菜は取りたい」、「子どもが野菜嫌いで困っている」という方は、ぜひ『ヒューロム スロージューサー』を検討してみてはどうだろうか。