(写真=SBS『スターキング』キャプチャー)

写真拡大

ものまねメイクで一時、大ブレイクしたざわちん。最近はテレビで見かけることが少なくなったような気がするが、もしも日本で仕事が激減しているのなら、韓国に進出してみてはどうだろうと提案してみたくなる。

「なぜ、今、韓国に?」と思われるかもしれないが、韓国の大手ポータルサイト『NAVER』で、「ざわちん」と検索をかけると、プロフィールはもちろん、彼女のメイク方法を真似た韓国人のブログなどがいくつか出てくる。韓国でもざわちんは、ちょっとした有名人なのだ。

ざわちんが韓国でも有名になったキッカケ

なぜ、海を隔てた韓国でざわちんの名が知れ渡っているのだろうか。それは、ひとつの番組出演がキッカケだった。

2015年5月23日に放送された地上波テレビ局SBSで毎週土曜のゴールデンタイムに放映されているバラエティ番組『スターキング』に、ざわちんは出演したことがあるのである。

『スターキング』は、韓国の人気MCカン・ホドンが司会を務めるコンテンスト番組で、最高視聴率14・8%を記録したこともある人気バラエティ番組。

同番組は2015年春に、ざわちんをわざわざ韓国に招き、特別出演させているのだ。

「化粧整形術師ざわちん、ガールズグループのメイクアップ秘法を公開」

そこでざわちんが披露したのが、韓国人も驚く必殺のものまねメイクである。その様子を振り返ってみよう。

KARA、少女時代、BIGBANG、ミランダ・カーに変身した姿を披露したあと、そのメイクアップ・ノウハウを公開。

視聴者を韓国の人気ガールズアイドルのmiss Aのスジに変身させたり、番組の女性ディレクター(韓国ではPDと呼ぶ)を4Minuteのキム・ヒョナ風に変身させたりとメイクアップを実演して見せて、驚きとどよめきを集めのだ。

そして、その様子が翌日には韓国メディアで一斉に報じられたのたが、当時の見出しをみると、韓国がうけたざわちんショックの衝撃ぶりがわかる。

「化粧整形術師ざわちん、ガールズグループのメイクアップ秘法を公開」(『スターニュース』)
「スターキングのパクPD、ヒョナのそっくりさんに変身、ざわちんのチカラ」(『TVレポート』)
「ざわちん、メイクだけで整形。どんな顔でも“複製可能”」(『MBNニュース』)

このように各種メディアでも取り上げただけではなく、番組を見た視聴者たちも称賛が殺到。「昨日のスターキング、マジでスゴかった。ざわちんのメイクアップのレベルは神レベルだ」「ざわんちん、本当にたいしたものだ!!」と、驚きを隠さないほとだったという。

韓国芸能記者が語った、ざわちん韓国進出と成功への絶対条件

そんな反響を知ってか知らずか、ざわちんも番組中で言うのだった。

「韓国のテレビに出演したいと夢にまで思っていたので嬉しいです」。これには韓国の視聴者たちもお喜びで、好感を得ていた。

だからこそ、ざわちんには今から韓国に行っても、その珍しさと斬新さで人気を呼ぶと思えるのだ。

それに韓国には、ざわちんが成功できそうな確かな下地もある。

韓国では近年、格闘家の秋山成勲の妻でモデルのSHIHO、“サユリ”の愛称で知られる藤田小百合、多国籍イケメン男子によるバラエティ番組『非正常会議』などに出演する“タクヤ”こと寺田拓哉など、日本人タレントの活躍も目立っている。

ざわちんもその流れに乗って韓国進出するのも悪くなはいないだろう。かつて韓国のスポーツ新聞芸能記者も言っていた。

「ものまねメイクは韓国にもないジャンルなので、人気が出るかも。ただ、彼女が韓国進出するためには、韓国語のマスターが必須になるでしょうね。“サユリ”や“タクヤ”も韓国語が達者なことで人気がブレイクした。彼女が本気で韓国進出を目指すなら、韓国語を勉強することをオススメします」

韓国語を勉強して、整形大国・韓国でも人気となれば、日本でも話題になるに違いない。それが追い風になって、日本でも再ブレイクの可能性もあるだろう。ざわちんにはぜひ、韓国進出を検討していただきたい。

(参考記事:日本のグラドル馬場ふみかが、突如として韓国で注目されている理由)

(文=S-KOREA編集部)