写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ポートは10月14日、国民の医療機関受診の実態および遠隔診療に関するWeb調査の結果を発表した。

同調査は、遠隔診療の患者側ニーズを把握することを目的に、日本国内に在住する22〜69歳までの男女2678人に対して行われたもの。

遠隔診療がどんな診療か、具体的に知っているという人は10%にとどまり、言葉自体を知らない人が61%にのぼった。また遠隔診療について「抵抗はない」」「あまり抵抗はない」と答えた人が32%だったのに対し、「抵抗がある」「やや抵抗がある」と答えた人は27%となった。

遠隔診療に抵抗がない人がその根拠として挙げた理由は、「待ち時間がない」「通院時間がかからなくて済む」がそれぞれ66%、64%と高く、一方で抵抗のある人のうち67%が診断の質に不安を感じていた。仕事で診療を中断した経験がある人が、有意に遠隔診療への親和性が高いことも明らかになった。

遠隔診療で診療を受けたい疾患としては、高血圧や脂質異常症などの生活習慣病、花粉症などのアレルギー性疾患、精神症状や慢性疲労などの精神科・心療内科領域の疾患が多く挙げられた。

遠隔診療に希望する価格としては、通常受診より1000円程度安い価格帯を希望する人が最も多い一方で、通常受診より高い価格でも良いという回答者が44%となった。

(周藤瞳美)