写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●細野秀雄教授「大学附置研と研究プロジェクト」
東京工業大学(東工大)は、2030年までに「世界トップ10に入るリサーチユニバーシティ」となることを目指してさまざまな大学改革を進めており、その一環として今年度より研究改革をスタート。研究力強化に向けて、「科学技術創成研究院」を設立した。

同研究院は、4つの附置研究所、時限付きの研究センターおよび研究ユニットから構成されており、これらの研究組織が同研究院のもとで一体となることで、国内外の異分野研究交流のハブとして機能することを目指している。

本稿では、10月7日に東京工業大学すずかけ台キャンパスにて行われた同研究院の設立記念講演会・記念式典についてレポートする。記念講演会には、同研究院 フロンティア材料研究所の細野秀雄教授、細胞制御工学研究ユニットの大隅良典栄誉教授、そして同大学出身の白川英樹博士が登壇した。

○細野秀雄教授「大学附置研と研究プロジェクト」

講演会のトップバッターを務めた細野秀雄教授は、「大学附置研と研究プロジェクト」と題し、東工大の附置研究所と研究プロジェクトにおける産学連携の重要性について語った。

細野教授は、近年の運営費交付金の低下に付随するかのように、日本の学生の博士課程への進学率やトップ10%論文数が減少してきていることを近年のデータを示しながら紹介したうえで、「国力という点で、非常に危ない状態。大隅先生がノーベル賞を受賞して、非常におめでたい状況だが、20年後には相当悲惨な状態になっていることがサイエンティストであればわかる」と、日本の学術界を取り巻く現状の厳しさを指摘。さらに、共同研究費の規模や件数、大学等の特許収入の統計データなども示しながら、産学協同の取り組みもほとんど効果をあげていない状況について説明した。

こういった状況において、大学の附置研究所はどうあるべきだろうか。研究所は研究に特化した機関であるという前提のもと、同研究院の附置研究所の役割として細野教授が挙げたのは、「新しい学問領域の開拓」、「インパクトの大きな領域のさらなる展開」に加えて、「プロ研究者の育成」だ。「教育プログラムをいくら整備しても、優秀な研究者は育たない。優秀な研究者は、優秀な研究者によってのみ育つ。研究者の育成を行うのは本来、研究所の役割」と、細野教授は語る。そして、そのために必要なことは何よりも「透明で厳しい人事」であるとする。

「"あの人が行くようなところでやらないと、本当の研究ができない"という意識を作っていかなければならない。人が崩れるとすべてが崩れる。学部、大学院の研究室では困難な、特殊な条件や広いスペースなどが必要となる研究を可能にするのが、附置研究所の役目」(細野教授)

また細野教授は、「国だけに頼っていては世界トップレベルの研究やイノベーションを生み出すことは難しい」としたうえで、産学連携の重要性についても言及した。

産学連携を実現するために必要なこととして、機密保持が可能な施設の設置や知財マネジメントの強化のほか、「歩いて行ってすぐにディスカッションできるような環境が非常に大事」と、キャンパスの近傍へのリサーチパーク誘致というアイディアを提案した細野教授。さらに、「大学は基礎研究、企業は応用研究、と切り分けてしまう意識ではダメ。応用のなかから基礎的な問題が出てくる。そのサイクルをまわしていくというのが本当のサイエンスだと思う」と、規模の大きな産学連携を行うために必要な心構えについて語った。

●大隅良典栄誉教授「海外の大学を見て感じていること、東工大に抱いている夢」
○大隅良典栄誉教授「海外の大学を見て感じていること、東工大に抱いている夢」

続いて登壇したのは、今年のノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅良典栄誉教授。講演冒頭で、「科学とは、人類が蓄積してきた知の総体。時代と切り離すことができないものであり、知りたいという人間の知的な要求そのものである。日本では、"科学技術"という言葉が盛んに出てくるが、科学というのは人間の非常に大事な文化活動のひとつであり、科学と技術は車の両輪という形で展開されていくことが本来あるべき姿だろう」と、科学のあり方についての考えを述べた。

そのうえで大隅栄誉教授は、日本における科学の問題点として、大学教員の研究時間が減り、研究費が絶対的に不足しているなど、大学の基礎体力が低下していることを挙げた。

「すべての研究費が競争的資金であることがおかしい。競争が激化すればするほど、必ず成果が出て論文になるような研究しか選ばれず、長年コツコツと研究をやったり、新しいことにチャレンジしたりするのが難しい状況になってきている。特に生命科学の分野では、手っ取り早く『Nature』や『Cell』に載るような、流行の分野に集中してしまう。これが、日本の生命科学の非常に弱いところ」(大隅栄誉教授)

大隅栄誉教授は、日本のなかにだけ目を向けていることで、さまざまな認識が日本の大学において不足していることがその原因のひとつではないかと指摘する。「海外に行くと何時間も議論をさせられる。欧米の人間の徹底的に議論したいという姿勢は、相互理解と批判的精神からなっている。成果が出ればいいや、という日本人研究者のタコツボ的な精神とは、少し違うかもしれない」と、自身の経験を踏まえて分析した。

こういった状況のなか、東工大のメリットを「小さな大学であること」だとする大隅栄誉教授。意思決定のスピードがはやく、チャレンジングなことがやりやすいという理由からだ。「東工大をMITやカリフォルニア工科大学のような大学にしていくためには、一点突破が必要。そのためにも、大きな大学を目指すのではなく、尖がった研究ができる大学であってほしい」と、東工大への期待を込めた。

また大隅栄誉教授は、細野教授と同様に、民間研究機関との連携の可能性についても言及した。「大学人は私も含めて、研究費は国がサポートするものだと信じてきたところがあると思う。しかし、それはひょっとしたら間違っているのかもしれない。民間との連携のあり方は、必ずしも共同研究でなくてよい。もっと緊密な情報の交換や、交流ができるシステムを作って、お互いに新しい研究環境を整備していくことを真剣に考える時期に来ているのでは。若い人がチャレンジングなことをするのが難しいという状況を変えるために、環境を整備していかなければならない」(大隅栄誉教授)

最後に、若手研究者へのメッセージとして、「自分の研究を理解してくれる人がいるということが、研究の支えになる。私の研究も、海外で面白いといってくれた人たちがいることが励みになった。自分の研究の理解者を自分の周りに作るという努力を惜しまないで欲しい」と語り、講演を締めくくった。

●白川英樹博士「東京工業大学で学んだこと」
○白川英樹博士「東京工業大学で学んだこと」

「研究にはお金や建物も必要だが、なにより人が必要。研究にふさわしい人を育てるのが大学の役目である。大学の原点は人間をつくるというところ」と、講演会の最後に登壇したのは、学生時代から助手時代までの22年間を東工大で過ごした白川英樹博士だ。

単科大学であり、小さくて風通しがよいところなどを東工大を選んだ理由として挙げた白川博士だが、実際に東工大に入って良かったと思うことは、専攻が決まるまでの1、2年生のときに受けた、英語や哲学、心理学、社会学などの教養授業の教員が充実していたことだという。白川博士は、「自然科学だけが大切なのではない。当時は思い至らなかったが、自然科学以外の社会科学、人文科学などの学術全般、芸術を含めた教養教育の大切さを実感した」と当時を振り返る。

そして、化学系のさまざまな分野の研究者が在籍している環境で修士および博士課程の研究を行った白川博士は、人との出会いが極めて大切であることに気づいたという。特に、白川博士の直接の指導教員であった山粼升博士が、研究室内の指導だけでなく、高分解能NMRや、電子顕微鏡、赤外・ラマン分光、分子量測定などといった分野を専門とする外部の研究者と会う機会を積極的に設けたことが、その後の研究人生において重要であったと分析する。「アメリカ留学も、後のノーベル化学賞共同受賞者の一人であるAlan MacRiarmid氏に出会わせてもらったことがきっかけだった」(白川博士)

そして、白川博士は2000年に、電気を通すプラスチックを発見した功績により、ノーベル化学賞を受賞。高分子化学者である白川博士と、固体物理学者、無機化学者という異なる背景を持つ研究者3名の共同受賞となった。実は、白川博士を含めたこれら3名には、「物質科学」という共通項がある。「物質科学とは、物理学、化学、生物学にまたがる総合科学。人と人との出会いや交流が重要な役割を果たしている。単なる共同研究ではなく、お互いの分野を十分理解したうえで、密接に融合した結果」(白川博士)が、ノーベル賞受賞に繋がったと考察した。

こういった自身の経験を踏まえ、白川博士は講演の最後に「研究には設備とお金だけではなく、あくまで人が大切である」と改めて強調した。

(周藤瞳美)