写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フィンエアーグループ(本拠: ヘルシンキ)とカタール航空(本拠: ドーハ)はこのほど、コードシェア提携に関する契約を締結。10月11日よりコードシェア便を展開している。

両社はoneworldアライアンスに加盟。カタール航空のヘルシンキ=ドーハ線をはじめとした、ドーハとマスカット、バーレーン、セーシェル、モルディブをつなぐ路線で、フィンエアーのコードシェア便の運航を開始。同時に、ヘルシンキとストックホルム、ヨーテボリ、ビルン、リガ、タリンやタルトゥなど、ヨーロッパの主要都市をつなぐフィンエアーの路線でカタール航空とのコードシェア便が運航される。

フィンエアーのチーフ・コマーシャル・オフィサー(CCO)であるユハ・ヤルビネン氏は、「カタール航空との提携を通じて、北欧・バルト海沿岸地域におけるoneworldアライアンスのポジションをさらに強固なものにしていきたいと考えています。フィンエアーとカタール航空はいずれも世界をリードするイノベーティブな航空会社であり、われわれの路線ネットワークがつながることにより、ヘルシンキとドーハで乗り継ぎをされるお客さまの旅がさらに便利になります」とコメントしている。

また、カタール航空のグループ最高経営責任者であるアクバ・アル・バクル氏は、「先日、ヘルシンキへ新規就航したこの時期のパートナーシップ締結は、カタール航空にとって素晴らしいタイミングだと思います。私たちはフィンエアーとのコードシェアパートナーシップ、およびoneworldとの提携によって、世界中のお客さまにより多くの選択肢を提供できることをうれしく思っております」とコメントしている。