写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アトラエは、社員の声から組織としての課題を可視化させることで組織を改善するサービス「wevox」の、ストレスチェック機能である「stress check powered by wevox」の正式提供を開始したと発表した。

wevoxとは、会社への「愛着心」や「思い入れ」などのエンゲージメントや組織の現状を、同サービス上で用意している独自のサーベイを用いて把握し、それを基に組織を改善していくためのサービス。「エンゲージメント機能(β版)」と「ストレスチェック機能」の2サービスで構成されている。今回、ストレスチェック機能が正式提供された。

ストレスチェック機能である、stress check powered by wevoxは、労働安全衛生法の改正により、2015年12月から労働者数50名以上の全事業者に義務化された、ストレスチェックを実施する事ができるサービス。

厚生労働省版の職業性ストレス簡易調査票(57問)に準拠しているため、ストレス度合いを判定する専門家として定義づけられている実施者(医師、保健師、看護師、精神保健福祉士)を同サービスが代行できる。また、実施する上で発生した問題や疑問に対してもサポートする。

サービス上では、「実施事務従事者」「事業者」「ストレスチェック担当者」「面接指導実施医師」の合計4つの担当者を登録することができ、担当者に応じてアクセスできるデータや、使用できる機能が制限される。

実施にあたって必要な書類のテンプレートや実施手順をサービス上で準備しているので、企業の担当者にかかる実施コストを最小限に抑えられるという。また、ストレスチェック実施後には、所轄の労働基準監督署へ提出する報告書の作成機能も提供する。

1ユーザーあたりの利用価格(税別)は、11月30日までが100円、12月1日以降が300円となる。なお、基本料金は無料。

(山本明日美)