『ハンニバル』

写真拡大

トマス・ハリスのベストセラー小説にインスパイアされたサイコスリラードラマ『ハンニバル』で、精神科医アラーナ・ブルームを演じたカロリン・ダヴァーナスが、米Lifetimeのブラックコメディ『Mary Kills People(原題)』に出演することが明らかとなった。米Varietyなどが報じている。

本作でカロリンが演じるのは主人公のメアリー・ハリス。昼間は緊急救命室で医師として勤務するシングルマザーの彼女は、夜は元整形外科医と組んで末期患者に安楽死を施している。誰にもバレずに二重生活を送っているメアリーだが、闇のビジネスが大盛況となり、徐々に生活が複雑になっていく...というストーリー。

カロリンのほかには、ジェイ・ライアン(『ビューティ&ビースト/美女と野獣』)、リチャード・ショート(『エージェント・カーター』)、リリク・ベントとシャーロット・サリヴァン(『ルーキーブルー 〜新米警官 奮闘記〜』)、グレッグ・ブリック(『XIII -サーティーン-』)らがキャスティングされている。

タラ・アームストロング(『50/50 フィフティ・フィフティ』)がクリエイターを務める本作は、1時間枠の6話構成になるとのこと。アームストロングは、タシエ・キャメロン(『ルーキーブルー』)らとともに製作総指揮も兼任し、ホリー・デイル(『REIGN/クイーン・メアリー』)が6話全てでメガホンを取ることも決定している。

カロリンが主演する『Mary Kills People』は、2017年に米Lifetimeにて放送スタート。(海外ドラマNAVI)