食パンも!?実は「略語」だった意外な言葉ランキング

写真拡大

皆さんが普段から当たり前のように使っている名詞、実は略語と知らずに使っているものがかなり多いんですよ。
例えば「リモコン=リモートコントローラー」なんかがそうで、頻繁に使う言葉なのに名称が長いものだと顕著かと思います。

今回はそんな「実は略語だった意外な言葉」を調査・ランキングにしてみました。
皆さんはランキングに出てくる言葉、全部正式名称で言えますか?

1位 ボールペン
2位 食パン
3位 教科書
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「ボールペン」!


正式名称「ボールポイントペン」の「ポイント」が省略された「ボールペン」が堂々の1位に輝きました。
ボールペンの歴史は長く、初期構想は1884年にアメリカ人のジョン・ラウドが着想、1938年にハンガリー人のビーロー・ラースローが考案しました。

当時は先端の加工技術やインク漏れ防止対策に多くの費用や技術を要し高級品な上、書いた後時間が経つとインクが滲むので公文書に用いることも認められず普及しませんでした。
しかし1950年代以降、技術の進歩による品質改良、量産による低コスト化を実現し1970年以降は万年筆に変わる一般的な文房具となりました。

2位は「食パン」!


「主食用パン」の「主」と「用」が省略された「食パン」が2位を獲得。
この省略される前の呼び方には諸説あるようで、他に「本食パン」とするものや絵画で使う「消しパン」と区別するためなど、様々なようです。

3位は「教科書」!


「教科用図書」の「用図」が省略された「教科書」が3位にランク・インしました。
学校で配られる教科書は文部科学大臣の検定を経たもの、または文部科学省が著作の名義を有するものに限られ、「市販されている教科書」はこの場合含まない事になりますね。

いかがでしたか?
他にも「経済」や「切手」といった言葉も実は省略された言葉ですので、ぜひランキング結果で本来の表記を確認してみてください。

今回は「実は略語だった意外な言葉ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜29位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女:複数回答)
調査期間:2016年9月28日〜2016年9月29日