夏の肌ダメージを回復!「エイジングケア」効果も…お手軽おやつ6つ

写真拡大

秋も深まってきましたが、鏡を見ると、そこにはまだ夏の日焼けダメージが……! 「こんなところにシミが! なんとかしなきゃ」と焦る女性も多いのではないでしょうか?

エクササイズや睡眠、丁寧なスキンケアなど、お肌のためにできることはたくさん。ぜひ、“食生活”も意識してみませんか?

今回は、忙しく働く女性がおやつやランチに手軽に食べられる、“お肌のエイジングケア”に効果絶大な食品をご紹介しましょう。

■1:βカロテンが豊富なニンジン

低カロリーで栄養価の高い野菜といえばニンジン。各種ビタミンやミネラルの豊富なニンジンに含まれるβカロテンが、お肌をみずみずしく保ち、皮膚細胞のターンオーバーを促すサポートをしてくれるそうです。料理のレパートリーも広く、しかも安価とくれば、活用しない手はありません。

ミニキャロットを容器に詰めて会社に持参すれば、小腹が空いたときの最適なおやつになります。

■2:適度に脂肪分を摂取できるナッツ類

イキイキとハリがあるお肌には、適度な脂が必要です。「太るから」と食生活から脂肪を全部抜いたら、かえってお肌がシワシワになってしまう原因に。

ナッツ類は軽くて会社へ持って行きやすく、食べやすいおやつに最適な食品。ビタミンやミネラルなどの栄養の豊富で、とくに、くるみに含まれる“オメガ3脂肪酸”は、お肌を柔らかく保ってくれるそうです。

■3:若々しい肌を保つ一助になるさつまいも

秋に旬を迎える野菜といえば、さつまいも。ふかして食べると強い甘みが出て美味しいうえ、栄養もたっぷり! ニンジンと同じくβカロテンが豊富なので、こちらも皮膚のターンオーバーを促し、若々しい肌を保つサポートをしてくれるそう。

■4:ビタミンCたっぷりなみかん

アンチエイジングといえばビタミンC。ビタミンCといえば、柑橘系のフルーツです。ビタミンCは、シワ予防やコラーゲン産生のサポートをしてくれます。

オレンジやグレープフルーツもよいですが、みかんならサイズも小さいので、お弁当と一緒に会社に持って行くのも簡単ですね。

■5:肌の酸化を防ぐトマト

ビタミンやミネラルのほか、アンチオキシダント(抗酸化物質)のリコピンがたっぷり含まれるトマト。肌の酸化を防ぎ、コラーゲンの破壊を予防してくれるそうです。ミニトマトなら、お弁当のおかずやおやつにも、手軽に食べられますね。

■6:抗酸化物質が含まれるベリー類

ビタミンCとアンチオキシダントが豊富なベリー類。いちごだけではなく、ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリーなど、どれも栄養たっぷりで、おやつにぴったりです。アンチオキシダントが、皮膚細胞にダメージを与える“フリーラジカル”と闘ってくれます。

以上、お肌のために食べたい食品でしたが、いかがでしょうか?

「忙しくてエイジングケアなんてできない!」という女性も、これなら会社で楽しみながら取り組めそうですよね。

就業中にお腹が空くと、血糖値が下がり、イライラしたり、集中力がなくなって仕事がはかどらなかったりします。ついつい会社にあるお菓子やケーキをパクついて、「太った……」なんて事態も起こりがちです。

ヘルシーなおやつは、美しくなりたい女性にとってかえって必要なもの。過去記事「食べなきゃ損!美容と健康に効果アリ“キャリア女子のおやつ”4選」では、ほかのおやつアイデアもご紹介していますので、参考にしてくださいね。