これが限界…明らかに手抜きした手作り「ジャック・オー・ランタン」が笑える

写真拡大

間近に迫ったハロウィン。このハロウィンの飾りに欠かせないのが、かぼちゃの中身をくり抜き、目や鼻、口を付けたジャック・オー・ランタンである。

ただ、料理用のかぼちゃでさえ、包丁を入れるのは大変なのに、専用のものとはいえ、あれだけ大きなかぼちゃを削っていくのはさぞかし骨が折れるだろう。

しかしこの季節、ハロウィンの本場米国などでは大人も子どもも、ジャック・オー・ランタン作りに夢中である。

手間ひまかけて完成したジャック・オー・ランタンの定番はこんな感じ。

flickr_wwarby

flickr_wwarby

時に非常に凝ったものや、奇をてらったもの、細かい職人技で見る者を魅了するランタンが話題となるが、今回は「やっぱり手作りするのは大変なんだなー」と同情すら寄せてしまう、そんなジャック・オー・ランタンをご紹介したい。

それがコチラ。

LisaShuBop/reddit

LisaShuBop/reddit

「私にはこれが精一杯」と、数日前にredditに投稿されたものである。

中身をくり抜くだけで疲れ果ててしまったのか、ご覧のとおり、大きなかぼちゃに小っちゃな顔が付いている…だけ。明らかに手抜きと見た。

製作者の本音が垣間見える一方、かぼちゃは実に味のある笑顔を浮かべている。この完成品を見た人からは、

今まで見たジャック・オー・ランタンの中で一番キュートウソだろう(笑)ずい分フレンドリーなジャック・オー・ランタンですねこれで良いと思う皆同じ顔にする必要ないもんねこれ大好き。ウケる

と、概ね好評を博しているようだ。