食欲が増す秋は、つい食べ過ぎてしまいがち。体重の増加が気になるという人も多いのではないでしょうか。ダイエットを意識するときに大切なのが、1日のはじまりでもある朝の過ごし方。朝の習慣によっては、太りやすい体質を招いてしまうことも!

そこで今回は、朝に行うと太りやすくなってしまうNG習慣を3つご紹介します。

■コーヒー×パンケーキはNG!? 太りやすくなるNG朝習慣3つ

以下3つの朝習慣は、太りやすい体を招いてしまう可能性があるので注意したいところ。

(1)寝起きのコーヒー

「朝はコーヒーが欠かせない!」と、習慣化している人も多いかと思います。コーヒーを飲むと目が覚めてシャキッとするような気分になれますよね。コーヒーはダイエットにも効果的だといわれていますが、寝起きのコーヒーは要注意。

『美レンジャー』の過去記事「コーヒーダイエット!“飲むだけで痩せ体質”効果的な取り入れ方」でもご紹介している通り、コーヒーは飲むタイミングによってはカフェインが原因で一時的にインスリンの効きが悪くなり、血糖値が上がりやすくなることも。血糖値が急激に上がると、体が脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

また、寝起きでいきなりコーヒーを飲むことで、胃を痛めてしまう可能性もある
ので気をつけたいところです。

(2)パンケーキや菓子パンが主食

パンケーキとコーヒー、デニッシュとコーヒーなどといった、オシャレな朝食に憧れますよね。しかし、パンケーキはトッピングに甘い生クリームやソースがたっぷりとかかっていたり、デニッシュ生地にはバターがたっぷり使用されていたり、菓子パンは砂糖がたくさん使われていたりすることもあり、毎日のように朝食で食べるのはおすすめできません。

菓子パンをはじめとした糖質が高い食べ物をいきなり食べることで、血糖値が急上昇しやすくなってしまいます。また、菓子パンはそれ自体が高カロリーなものが多いため、2、3個食べるとあっという間にカロリーオーバーになることも。同じ炭水化物でも、朝食は菓子パンよりもお米の方がおすすめです。

(3)そもそも朝食を食べない

“朝食抜きダイエット”という考え方もありますが、美肌の維持と脂肪がつきにくい体作りの面からは、朝食は必ず摂った方がいいでしょう。朝は体温が低下しているため、朝食を食べることで体温が上がり代謝も上がるため、痩せやすい体に近づけます。

また、朝食を食べた方がいい最大の理由は、寝ている間に分泌される成長ホルモンにあります。人は寝ている間に成長ホルモンが分泌され、傷ついた肌細胞の修復や脂肪の分解と代謝が行われます。成長ホルモンは美容やダイエットに欠かせないホルモンなのです。そんな成長ホルモンをしっかり分泌させるために必要なのが、朝食なのです。

朝食で炭水化物や乳製品、大豆製品などをしっかり摂取することで、夜の睡眠時に成長ホルモンがしっかりと分泌されるようになります。

■これなら毎日続けられる!やせ体質を作る朝習慣3つ

以下3つは忙しい朝でも簡単に続けられる、おすすめの朝習慣です。

(1)ベッドの上でストレッチ

朝目覚めたら、ベッドの上で軽くストレッチを行うのがおすすめ。全身の血行がよくなることから、体温が上がりやすく代謝もアップするので、脂肪が燃えやすい状態で1日をスタートさせることができます。

グーッと全身を伸ばしたり、大きな筋肉がある太もものストレッチを行うと全身の血行促進につながります。仰向けの状態でひざを胸につけるようにして、太ももの裏をゆっくり伸ばすといいです。

これから寒くなってくるので、起きて暖房を入れ、部屋が暖まってくるまでの時間にベッドでストレッチを行うと、ヒートショックも防ぐことができるので一石二鳥です。

(2)白湯を飲む

寝ている間に人はコップ1杯の汗をかくといわれているため、朝の水分補給は欠かせません。朝1番はコーヒーではなく、温かい白湯を飲むのがおすすめ。内臓が温まり、活動をはじめることで便秘解消につながります。また、体が内側から温まってくることで代謝アップにもつながります。

(3)和食中心の朝食

上記でご紹介したように、朝食で炭水化物を摂ることで睡眠時にしっかりと成長ホルモンが分泌され、脂肪の分解や代謝がスムーズに行われます。炭水化物の中でも特におすすめなのは、お米。

炭水化物は糖質が多くて太ると思われがちですが、じつはお米には糖質の代謝に必要なビタミンも含まれているので、適量食べる分には太りにくいのです。炭水化物同様、大豆製品も成長ホルモンの分泌促進につながるので、お米と納豆、お味噌汁といった朝食の組み合わせは最高です。

朝食を作る時間がないという人も、お米と納豆なら手軽に食べられますよね。これを機に朝食を摂る習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

以上、朝に行うと太りやすくなってしまうNG習慣と、痩せ体質につながる習慣をご紹介しました。ぜひ、取り入れてみてくださいね!