タニタとタミヤがコラボしてミニ四駆用の重量計を発売

写真拡大 (全2枚)

タニタとタミヤは、ミニ四駆スケール「KD-192-TM」を2016年10月17日よりタニタオンラインショップ、タミヤ プラモデルファクトリー新橋店、静岡ホビースクエア、タミヤショップオンラインにて発売する。価格は3,500円(税別)。

本製品は、ミニ四駆をチューンアップする際に、スピードやバランスを左右する車体やカスタムパーツなどの重量を量るスケールで、0.1グラム単位の高精度軽量により、精密なチューニングが可能。デザインにもこだわっており、計量皿にタミヤのロゴマークをあしらったほか、操作ボタンをギアやボルトなど、ミニ四駆のパーツをモチーフとして作られている。

今回のコラボだが、Twitterのタニタ公式アカウントが、社内サークル「タニタ・ミニ四駆クラブ」の様子をツイートしたことを機に、タミヤ公式アカウントとの接点が生まれて実現したとのことだ。

■タニタオンラインショップ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・マピオン季節特集で全国4000箇所の「ご当地グルメ特集」を公開