14日、中国のポータルサイト・今日頭条が、高い値段であっても日本の包丁を買うべき理由について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は包丁。

写真拡大

2016年10月14日、中国のポータルサイト・今日頭条が、高い値段であっても日本の包丁を買うべき理由について紹介する記事を掲載した。

記事は、よく切れる包丁は炭素の含有量が多いと説明。これにクロムを加えることで耐摩耗性が増すとした。その上で、質が良いと言われるドイツの包丁は炭素の含有量が0.5グラム以下で、クロムは14.5%以上だが、日本の包丁は、白紙だとクロムなどは含有せず炭素が1.05〜1.35%で切れ味が非常に良いと指摘。青紙だと同量の炭素含有量にクロムやタングステンなどを含有しており、切れ味と同時に耐摩耗性も高いと紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本には偽物がないからな」
「日本の匠だけが匠の精神を持っているというに相応しい」

「日本人は完璧を追求するからな。何を作るにしても匠の精神で作るからだ」
「国の栄光や恥を除けば、中国は日本の工芸品に及ばないことは認めざるを得ない。これはいわゆる愛国者たちも知っていることだが認めたくないだけ」

「中国は日本に対して口ではののしるが心の中では恐れうらやんでいる。金持ちに対する心理と同じだよ」
「中国と先進国との工業面での差は、包丁1本で話が終わるわけではない。差は大きすぎる。つまり遅れすぎているんだ」

「でも包丁はやっぱり中国の方がいいと思う。中華料理には中国の包丁が合っている」(翻訳・編集/山中)