使い方いろいろ3つの材料でガーッと混ぜるだけ #アーモンドペースト

写真拡大 (全2枚)

ここ最近ドイツで人気の「アーモンドペースト」。友だちに話すと「ピーナツ・バターの砂糖抜きみたいな感じ?」とよく聞かれます。見た目は確かによく似ているかもしれません。
ビーガン用のモッツァレラチーズ
スーパーで売っているものは砂糖や塩、食品添加物が入っているため、ドイツのビーガンたちはアーモンドペーストを手作りするのにこだわっている様子。アーモンドのコクをそのままフルに味わえるアーモンドペーストは「ビーガン用のモッツァレラチーズ」といわれるほど。
ビーガンでなくとも乳化剤を避けたい人たちは、生クリームやベシャメルソースの代わりとして料理に使っています。さまざまな料理に使えてかなり重宝。砂糖不使用ながらやさしいほんのりした甘さをもつために、例えば豆乳と混ぜて温かいドリンクにしたり、はちみつと混ぜてパンに塗ったり、あるいはお菓子を作ったりしても、主役を邪魔せず料理に深みをもたらしてくれるのです。

<アーモンドペーストの作り方>
材料・アーモンド 丸ごと100g・水 大さじ10〜15杯・塩 少々
作り方ミキサーにアーモンド丸ごと(もしくは細かく刻んだもの)と水、塩を入れて、クリーミーになるまで混ぜてできあがり。アーモンドの皮が気になるようなら湯むきをし、氷水で冷やしてからざるで水を切る。よく布で乾かしてから同じようにミキサーでまぜれば白いムースのできあがり。

アーモンドの健康効果
アーモンドの主成分は脂質(およそ60%)ですが、そのほとんどは不飽和脂肪酸でできています。ナッツ類の中でも特にアーモンドはビタミンE含有量が多く、またカルシウムや鉄、たんぱく質も豊富に含まれていることから、肝臓を保護してくれるのだとか。だからお酒のおつまみに適しているのですね。

約20%がたんぱく質でできているアーモンド。ミネラルやビタミンも含むことから、スポーツ選手にも適したスナックといえます。ビタミンCを含むフルーツとアーモンドを一緒に摂ることで鉄分がより良く吸収されますから、フルーツサラダにムースを添えて食すればバッチリ。また、その茶色の皮におよそ10%の繊維質が含まれるといわれますから、できるだけ皮ごとムースにして、ドレッシングやパスタのソースとして楽しんでもいいですね。
photo by Thinkstock/Getty Images
あわせて読みたい
・色と香りで使い分ける。幅広く使えるはちみつの選び方・いつも元気をくれる。あの定番ドリンクの意外なアレンジ(Sponsored)・イラストレーター横峰沙弥香さんが見つけた美のスポット(Sponsored)

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。