心配なことや不安な点は、専門家にどんどん相談しましょう(※イメージ写真)

写真拡大

 いざ、自分の親や近しい人がホームに入るとなれば、「元気にやっていけるのか」「周囲に溶け込めるのか」――などの不安を抱える人も多いかと思います。特に入居前は、わからないことの方が多く、入居者の希望がかなうのかなど、心配な点が多いでしょう。そこで、週刊朝日ムック『高齢者ホーム2017』に掲載した、「有料老人ホーム・介護情報館」館長の中村寿美子さんの「介護のお悩み相談室」を特別に公開。中村さんにさまざまな悩みに回答いただきました。

*  *  *
【お悩み その1】退院する父が安心してリハビリできる場所は?(47歳女性)
 80歳の父が大腿骨を骨折して、回復期リハビリ病院にいます。来月には退院ですが、父にはこの先もリハビリを続けてほしいと思います。退院後は介護付き有料老人ホームへの入居を考えています。ホームでもリハビリは受けられますか。

【回答】
 おおまかに分けると、リハビリには「急性期」「回復期」「維持期」があり、それぞれの段階で目標をたててリハビリを進めます。これまでお父さまは、医師や理学療法士(PT)、作業療法士(OT)などの専門家がチームを組んで治療にあたる集中的なリハビリを受けてこられたと思いますが、これからは、機能を維持するためのリハビリとなります。

 有料老人ホームは治療の場ではなく、生活の場です。そのため、どうしても集団で行うリハビリ体操や、日常の動作をリハビリと捉える「生活リハビリ」が中心となります(医師が必要と認めれば、医療保険による訪問マッサージなどを受けている場合もあります)。一方で、他の施設との差別化を図るためにリハビリに力を入れているホームもあります。そういうところでは、マシンや機能訓練室が充実していて、常勤のPTやOTが複数配置されています。

 ただ、ホーム選びで重視すべきは、お父さま本人が今後どういった生活を送りたいかということではないでしょうか。リハビリだけに固執するのではなく、お父さまが心地よい環境で幸せに過ごせることを念頭においてホームを選ばれるのがよいと思います。

【お悩み その2】両親が老人ホームに入ると言い出した(47歳女性)
 80代の両親と私の3人暮らしです。両親から「自宅を売却して夫婦で有料老人ホームに入ることにした」と言われ、憤慨しています。元気で何も困っていないのに、家を売ってまでホームに入ることはないと思うのですが、私の考えはおかしいですか。私は仕事もしており、金銭的に困っているわけではありません。

【回答】
 ほとんどの高齢者が、「住み慣れた自宅で最期まで暮らしたい」と思っています。ご両親にとって、元気なうちに老人ホームに居を移すという選択をすることは、一大決心だったはずです。

 つい「いつまでも親は元気」と思いがちですが、80代といえば、いつ何があってもおかしくありません。そうなったとき、娘のあなたに介護の負担を負わせたくないという思いが根底にあるのではないでしょうか。入居するにはまだ早いと思われるかもしれませんが、健康だからこそ新しい環境になじむことができるのです。また、要介護状態になってからでは、夫婦一緒に生活できるホームを探すのは至難の業です。

 なぜ親のホーム入居がそんなに嫌なのか、自分の気持ちを整理してみることです。実家がなくなるのが不安、親と一緒に暮らせなくなるのが寂しい、といった感情がまず思い浮かぶようであれば、自分本位な要求ではないでしょうか。

 ご両親は、先に逝くであろう自分たちの老後と、残される娘の幸せを見据えて決断されたはずです。これを良いきっかけとして、あなた自身も人生を一歩踏み出してみてはどうでしょうか。

【お悩み その3】老人ホームで要介護の母と自立の父はいっしょに暮らせる?(55歳女性)
 85歳の父が、自宅で認知症の母の面倒をみています。元気だった父ですが、最近は家事が負担になってきたのか、「楽をしたい」と気弱なことを言うようになりました。母の有料老人ホームへの入居を提案したところ、父は離れて暮らしたくないと言います。二人一緒であればホームに入ってくれそうなのですが、そういうところはありますか。

【回答】
 介護に加えて家事を切り盛りするのは、高齢の男性にとって大変なご苦労とお察しします。ホームに入って、お母さまの介護をプロに委ねることで、お父さまに気持ちの余裕が生まれれば、以前の元気を取り戻されるのではないでしょうか。

 ただ、要介護のお母さまと自立のお父さまが共に満足して暮らせるホームを探すのはなかなか難しいことです。有料老人ホームには、大きく分けて2種類あります。元気な人が暮らす「自立型」と、介護が必要な人を対象とした「介護専用型」です。この二つは設備もサービスもまったく違うものです。ご両親の場合は、要介護のお母さまのことを優先してホームを選択する必要があります。そう考えると介護を受ける人だけでなく、自立した高齢者も受け入れる「混合型」のホームを選ぶのが現実的でしょう。

 ただ、「入ってみたら周囲は介護が必要な人ばかり」ということもあります。事前に入居者の様子や、ホームの雰囲気をしっかり確かめることが大切です。

※週刊朝日ムック『高齢者ホーム2017』