DISCOVER DIARY WALLET 2017(縦:210mm 横:130mm) 340g/2400円/(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

写真拡大

予定はもちろん、アイデアやライフログなどたっぷり書き込みたい人には、1日1ページタイプやマンスリーにノートページが付いた手帳がオススメ。

▼ハンドバッグに入る1日1ページ手帳の分冊版
「DISCOVER DIARY WALLET 2017」

2冊で1年分の分冊タイプで、ハンドバッグに入るスリムサイズ。デイリーページは5mm方眼で構成され、上段に6時〜24時の時間軸や、ToDoリストになるチェックボックス付き。年間スケジュールや月間カレンダーは別冊で、半年ごとにデイリーページを差し替えて使う。【問い合わせ先】ディスカヴァー・トゥエンティワン(http://www.d21.co.jp)


▼予定を5W1Hで記入し、行動をシンプルに整理
「T’マネジメントダイアリー」

デイリーページの上段に「When」「What」「Where」「Who」「Why」「How」の項目があり、1日の予定を「5W1H」で記入することで、行動の目的を明確にし、方法論を整理できる。見直して振り返れば、今後の仕事の進め方の参考にもなる。時間軸は7時〜24時を表示。【問い合わせ先】高橋書店(03-3943-4525)


▼24時間の時間軸で作表しやすいドット方眼
「B6DAILY」

5mm方眼に大きめのドットが規則的に並び、線でつなげば表やフレームワークなどを作成しやすいフォーマット。6時〜翌6時の30分刻みの時間軸で、ページ下部には仕事に役立つヒントや賢人の引用句を英語で掲載。用紙は薄くて軽い「トモエリバー」を採用。上段には月の満ち欠けチャートも。【問い合わせ先】ユナイテッドビー(084-982-9543)

▼トラベルウォレットのようなシックな大人の革手帳
ほぼ日手帳 TRAVEL」

海外のトラベルウォレットをヒントに、アートディレクターの平林奈緒美さんがデザイン。イタリアのピッグスキンを使用したシンプルで上品なカバーで、内側はカード入れやポケットが豊富。本体はフラットに180度開く、ほぼ日手帳の英語版。時間軸は12時の表示のみ。【問い合わせ先】ほぼ日刊イトイ新聞(東京糸井重里事務所)(03-5770-1103)


▼スヌーピーが印刷されたモレスキン
「モレスキン ピーナッツ限定版 12カ月デイリーダイアリー」

モレスキンの2017年版限定ダイアリー「ピーナッツ」。イエローのリネン素材のカバーで、デイリータイプのほかに「週間レフト」のウイークリータイプがある。横罫のノートページで構成され、巻末には付箋などを収納できるポケットも。作品をモチーフにした特製ステッカー付き。【問い合わせ先】エムディーエス(http://www.moleskine.co.jp)


▼プライベートを充実させる手帳
「WEEKEND WISH DIARY 週末野心手帳 2017」

作家のはあちゅうさんと、ライフスタイルプロデューサーの村上萌さんが手がけた「小さな野心を叶え続けて日々を充実させる」手帳。デイリーページの左側の4つのマスには予定を、右側の方眼スペースにはメモが書ける。「ウィッシュリスト」「自己分析&ビジョンマップ」のほか、年間目標を書き込む「THIS is my 2017」(写真下)付き。【問い合わせ先】ディスカヴァー・トゥエンティワン(http://www.d21.co.jp)

※本記事の価格はすべて税抜きです(2016年9月現在)

(高島三幸=編集、文 岡村隆広=撮影)