【格安】大阪から名古屋まで「裏技を使って激安で行く方法」を教えるぞ

写真拡大

大阪から名古屋まで「安く早く移動したい」と思っている人は少なくないはずだ。新幹線で移動する場合、約50分ほどの乗車時間で5,830円かかる。近いように思えるが、運賃がそこそこ高い。金券ショップで購入しても5,000円以上はするようだ。

大阪〜名古屋の運賃は3,350円



シンプルに考えれば、安く行きたいなら新幹線を使わず在来線で行くのがベスト。JRの在来線の場合、大阪〜名古屋の運賃は3,350円。所要時間は約2時間40分ほど。新幹線より2時間ほど余計にかかるが、それでも新幹線より2,480円も安い! これはかなりお得!

もっと安く移動したい!





しかし「それでも3,350円は高すぎる!」という人はいるのではないだろうか。せめて2,000円台で安く早く移動したい! 今回は、そんな人のために大阪から名古屋まで「裏技を使って激安で行く方法」を教えようと思う。

裏技を使って激安で行く方法



通常、大阪〜名古屋の在来線の切符を買う場合、大阪駅(または近所の駅)で名古屋までの切符を買う人がほとんどだと思う。さきほど説明したように、大阪〜名古屋の運賃は3,350円だ。

切符を分割して買う





しかし、3,350円を2,970円で買う方法があるのだ! 大阪〜京都、京都〜岐阜、岐阜〜名古屋というように切符を分けて買うと3,350円が2,970円になるのである! なんと380円もお得になるのだあああああッ! これは一般人にあまり知られていない裏技で、知っているとしても鉄道マニアぐらいである。

大阪〜京都 560円

京都〜岐阜 1,940円

岐阜〜名古屋 470円

合計: 2,970円

競合との関係で割引に!?



どうして安くなるのか? JR大阪駅のスタッフに聞いてみたところ「阪急さんとの関係もありまして」と話していた。JRの競合がある区間では、特別な割引がされているケースがあるようだ。

守るべきルールがある



しかし、この割引を受けるにはひとつルールに従う必要がある。大阪駅で京都駅までの切符、京都駅で岐阜駅までの切符、岐阜駅で名古屋駅までの切符を個別に買う必要があるのだ。よって、大阪駅で名古屋までの切符を一気に買うことはできない。面倒なのである!

実際に大阪〜名古屋まで乗ってみた





ということで、さっそく大阪駅で京都駅までの切符を560円で購入。だいたい30分ほどで京都駅に到着し、改札から出て京都駅から岐阜駅までの切符を購入。い、い、意外と面倒くさい! 大阪発の在来線は米原まで行くことができるのだが、わざわざ京都駅で切符を買うため途中下車せねばならず面倒! 本数が多いとはいえ、時間ロスも痛い!





わざわざ途中下車する悲しさ





京都駅から岐阜までは、1時間30分ほどの移動時間。途中の米原で乗り換えるが、ダイヤの連携がピッタリなので時間ロスなしで移動可能。本当は米原から名古屋まで直行で行けるのだが、岐阜駅で切符を買うため下車。うーむ、この下車はやっぱり面倒だが、安く移動できるので仕方ない。

安く移動できた優越感!





ようやく名古屋駅に到着! 所要時間は途中下車のロスもあって3時間ほどかかってしまったが、それでも激安で移動できたのは嬉しい。みんな3,350円なのに私だけ2,970円! みんなより380円も安く移動できた優越感! 気持ちいいィィィィィィィィィィィッ!

もちろん、名古屋から大阪に行く場合も同様の割引が適用される。

こんな方法もあるよ!



ちなみに、大阪駅付近の金券ショップで「大阪〜京都、京都〜岐阜、岐阜〜名古屋」の切符をセットにして2,800円前後で販売していることがある。そこで買えばさらに激安で名古屋まで行くことが可能であり、わざわざ駅で切符を買い直さなくてもいいので便利だ。



また、早さを無視して運賃だけを激安にしたい場合は、近鉄を利用すると良い。鶴橋駅〜近鉄名古屋駅まで2,360円で行くことができるのだ。しかし移動に3時間30〜3時間50分ほど必要なため、時間に余裕がある人でないと難しい。

浮いたお金で贅沢しよう!





運賃が380円安くなるぶん「出発前に大阪で贅沢するぜーッ!」と思ってお好み焼きを食べつつ昼間からビールを飲んだのだが、ビール1本で500円くらいするんだよな。……何か間違ってるよな俺。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/