集中力を一日中保つには、ティーブレイクや睡眠だけでなく食事にも気をつかうことが効果的です

写真拡大

 朝から晩まで常に集中力が高い状態で働くことができれば、理想的です。しかし、実際にはそうもいかない方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、集中力を維持するための食事のコツを「朝・昼・晩」の3食ぶんお伝えいたします。また、自炊をしない人でも参考にしていただけるビジネス街でおすすめの食事処の選び方をご紹介いたします。

脳を起こす朝食編

 集中力といえば、脳の働きが要になります。脳は寝ている間にも休むことなく働き続けていて、そのエネルギー消費量はなんと全身の20%も占めています。

 そのエネルギー補給に大切なのが「朝食を食べる」ことです。平成26年の国民健康・栄養調査によると女性よりも男性の方が朝食の欠食率が高いというデータが出ています。

 朝食を食べないとエネルギーが不足して集中力が散漫になることはもちろんですが、疲れやすくなったり、ボーっとしたりと1日のパフォーマンスの低下を招きます。

 頭と体を目覚めさせるには「朝ご飯」が大切とわかっていても、朝は食欲がない、時間がないという方も多いのではないでしょうか?そこで忙しい方でも簡単に用意できる朝食のアイテムをご紹介いたします。

(1)おにぎり
 脳のエネルギー源になるのは炭水化物です。おにぎりは、食欲がない時でも食べやすく、コンビニでも手軽に買うことができます。前日に握っておいて朝温めるだけで簡単に用意できますし、時間がない時は、オフィスに持っていき食べることもできます。冷凍の焼きおにぎりを常備しておくのもおすすめです。

 また、白米ではなく胚芽米や発芽玄米に一工夫することで、ブドウ糖をエネルギーに変える時に欠かせないビタミンB群や神経伝達物質のギャバも摂り入れることもできます。よく噛んで食べることも脳の活性化に役立つので忘れずに。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)